みなさんこんにちは、お久しぶりです!

橋本佳代子です。

 

榎本さんは寺子屋以外にも様々な地域貢献をしています。

今回はトイレを作っています。

 

 

村にあるものでトイレをつくる作戦

 

木を切り出し

 

穴を掘った便壺にブロックではなく木を逆円錐状に並べて補強し

 

上に乗せる便器が落ちないようにします。

 

 

初めて村に便器がやってきた。

 

   

手作り便所が完成し、婆さまも、子供も、どういうふうに使うのか、しゃがんでみます。


野糞習慣の村では、やはり、疾病率が高いため、水の使いかたや手の洗い方も一緒に教えないと、トイレだけ作っても意味がないです。
野糞する場所と、水場がすぐ近くだったりする村もあって、想像を絶する不衛生な環境だったりもします。

 

 

 

 

 

榎本さんは寺子屋の建設以外にも、モザンビークで様々な活動をしています。

トイレが無く、衛生環境の設備がちゃんとしていないのが当たり前なモザンビーク。

日本人女性が一人でモザンビークで現地の人に支援活動をしています。

榎本さんの活動の応援よろしくおねがいします!

 

橋本佳代子

新着情報一覧へ