11月13日にスタートした 島戸ゲストタウンプロジェクト 、12月25日 23:00のゴールまであと31日、残すところ1ヶ月となりました!

 

11月24日 12:30現在の寄付総額は 1,792,000円 !! 35名の方がご支援くださっています。

 

毎日当サイトを確認くださって、「このプロジェクトの理念には同意するし、応援したいんだけど…

 

と、あと一歩、勇気が欲しいあなた!

 

そんなあなたの背中をちょっとだけ押してくれるかもしれない情報です。

 

島戸ゲストタウンプロジェクトふるさと納税型 の クラウドファンディング というスタイルをとっているため、ふるさと納税 と同様、所得税・住民税の控除を受けることができます

 

例えば「今回のクラウドファンディング限定のTシャツをプレゼント」コース(10,000円)に支援いただいた場合、一旦は10,000円をお預かりしますが、来年の確定申告で今回の10,000円の寄付(ふるさと納税)について申告することで、自己負担分の2,000円を差し引いた8,000円が、税金の控除・還付という形で戻ってくる、というものです。

 

つまり実質2,000円の負担で、10,000円分の支援ができるということです!

 

ただし、そのためには条件があります。

その仕組みについては 総務省 ふるさと納税ポータルサイト で詳細を確認いただけます。「よくわかる!ふるさと納税」のページを参照いただけると、ふるさと納税の仕組みがよく分かります(税金の控除に関するページはコチラ)。

 

税金の控除を受けるには、原則として、来年2〜3月に確定申告を行う必要があります(本来確定申告を行う必要がなかった給与所得者等については、ふるさと納税を行う際にあらかじめ申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」がありますので、詳細は上記サイトをご確認ください)。

 

控除額の計算方法については以下のとおりです(

税金の控除に関するページ参照

)。

 

①所得税からの控除 = (ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
所得税からの控除額は、上記①の計算式で決まります。

なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の40%が上限です。

 

②住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税額-2,000円)×10%
住民税からの控除の基本分は、上記②の計算式で決まります。
なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の30%が上限です。


住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)
住民税からの控除の特例分は、この特例分が住民税所得割額の2割を超えない場合は、上記③の計算式で決まります。
※ ③’住民税からの控除(特例分) = (住民税所得割額)×20%特例分(③で計算した場合の特例分)が住民税所得割額の2割を超える場合は、上記③’の計算式となります。
この場合、①、②及び③の3つの控除を合計しても(ふるさと納税額-2,000円)の全額が控除されず、実質負担額は2,000円を超えます。

 

税金の控除に関するページに、全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安の一覧表もありますので併せてご覧ください。

 

※具体的な計算は、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

新着情報一覧へ