エイズと共に生きる、ウガンダの若者の未来をつくる職業訓練を!

 

https://readyfor.jp/projects/uganda-plas

+++++

 

こんにちは。門田です。

 

前回の新着情報に続き、 1年半前に実施したプロジェクトのその後をお届けします。

今回は、カウンセリング・キャリアプランニング支援の現在の様子です。

 

--------------------

「子どもの夢を、全力で応援したい」
~ママたちの変化が子どもの未来を切り拓く~

 

2016年10-12月に実施した「エイズによる貧困の連鎖からの脱却へ。ケニアのママを支えたい!」では、前回記事でお伝えした生計向上支援事業のほかに、「カウンセリング・キャリアプランニング支援」を行いました。

2017年1月からの1年間で50家庭のママと、子どもたち50名に支援を届けました。

 


●取り組む課題と、解決の方法

 

PLASが活動する地域は、孤児や貧困家庭が多く暮らしています。

子どもたちは、進路に関する情報が限られているため、どのように将来の計画を立てていけばよいか十分なサポートが得られないまま、学校教育から離れていってしまいます。

保護者も、子どもの成長や進路についての情報を持っていないため、必要なはたらきかけができずにいます。

 

このカウンセリング事業では、エイズに影響を受けながらも、自らの人生設計に基づいて行動できるライフスキルを身につけられるよう、現地のカウンセラーたちが子ども・保護者それぞれに働きかけています。

 

カウンセリングで親の役割を考えるママ

 

事業のゴールは、「子どもたちが自分の意志で将来を計画し、選択できる力をつける」ことです。

プロジェクトでは、みなさまからのご支援でパートナー団体と4つのことを実施することができました。

  • カウンセラーを育成する
  • カウンセリングのプログラムを作る
  • 全7回のカウンセリングセッションをママと子どもたちに実施する
  • パートナー団体と事業の成果をモニタリング・評価し、次につなげる
絵本の読み聞かせもプログラムの一環で実施

 
●「希望をもって努力すれば、違った未来がつかめる」ーある女の子の変化

 

カウンセリング・セッションに参加したママたちには、ポジティブな変化が現れていることが分かりました。

 

たとえば、トタン屋根の小さな家に暮らすママ、パメラさんと、娘のドロシー15歳。

HIV陽性で、一人で家計を切り盛りしているパメラさんは、経済的に苦しい日々でした。

将来の夢や希望を持てずに暮らしていたドロシーさんは、勉強にも身が入らない毎日・・。

 

けれども、事業に参加したことで、ドロシーさんは、
「希望を捨てずに努力すれば、違った未来がつかめるかもしれない」
と感じ、勉強に励むようになったとパメラさんは嬉しそうに話してくれました。
パートナー団体のスタッフからも「この事業は、小さな一歩が大きな変化を起こす可能性がある」という言葉が。

 

事業に参加するママとパートナー団体スタッフ

 

さらに、この事業に参加している子どもが通う学校の校長先生からは、こんなコメントが寄せられました。

 

「PLASのカウンセリング支援によってもたらされている子どもたちへの良い影響にとても感謝しています。カウンセリングを受けている生徒の宿題は改善され、学校で勉強するモチベーションも上がっています。今後のカウンセリングの展開も楽しみにしています。」
 

カウンセリングに参加する子どもたち

 

私たちが実施した調査でも、保護者や子どもたちの変化が数字でも見えてきました。

 

 

 

 

今回のプロジェクト「エイズと共に生きる、ウガンダの若者の未来をつくる職業訓練を!」でも、元エイズ孤児の若者たちのニーズをしっかり汲み上げたプログラムを届け、「未来を切り拓く力」を引き出していきます。

 

引き続き、応援をよろしくお願いします!

 

+++++

★このプロジェクトが成立して、彼らに未来を切り拓く力を届けられるよう、応援をよろしくお願いします!★

 

エイズと共に生きる、ウガンダの若者の未来をつくる職業訓練を!

https://readyfor.jp/projects/uganda-plas

+++++