うまままつりでは、震災の影響で少し寂しくなった街に馬のベンチをアーティストに制作していただき、1つの椅子から始まる新しい触れ合いの機会を作る、という企画を盛り込んであります。

 

この度、ベンチの制作をお願いしているアーティスト、袴田京太郎さんから馬のベンチのスケッチが届きました!ベンチの各所に散りばめられた、ストライプの部分には模様や文字が凹凸にデザインされ、腕などをしばらく押し付けていると、肌に模様が「跡」になって浮かぶ、というとても面白い細工が施されます。

 

これから具体的に細部のデザインを考え、街を賑やかに彩る、新たな「街の宝物」になるようなベンチを作り出していきます。

 

新着情報一覧へ