羽生さんとの出会いは、お店のある塩竈市にあるとあるカフェに訪れた時のこと。

そのカフェのオーナーから紹介されて、筆談でお話をさせて頂きました(人生初体験でした)。


そしてその時に羽生さんの想いを聞き、「こういう人が塩竈に来てくれることの意義はとても大きい」と思い、それ以来ずっと応援させていただいております。


社会起業家でもあり、復興の遅れている塩竈市浦戸諸島にも良く足を運び、様々な業務をこなしながらも喫茶店でのお仕事もされています。


私は幸い徒歩圏内に住んでいますので、時々羽生さんのお店に寄らせていただいています。そこでいつ行ってもすごいなあと思うことは、商品づくりに妥協をしない姿。私は塩釜のおいしいものを紹介するWEB媒体を持っているのですが、残念ながら中には紹介できない時もあります。でも、羽生さんの作るものは素材を活かしただけではなく、食べておいしいものばかり。そこに妥協を許さない職人気質的なものを感じます。

これからはより浦戸諸島の産品を使っていきたいという想いを聞いています。形は違えど同じく塩竈市を愛する仲間です。

ぜひ、これを読んでくださっているあなたの応援をよろしくお願いいたします。

(もちろん私も購入しました。クーポン券を買いましたので、まだ羽生さんのお店を知らない知り合いに配りたいと思います)

 

 

新着情報一覧へ