プロジェクト概要

空きスペースで土を使わずに無農薬野菜を栽培するアーバンファーミングのワークショップを東京で開催します!

 

はじめまして、野村幸宏と申します。ITエンジニアとして20年間勤務した後、オーガニック栽培農業法人で栽培システムの開発をしていました。

 

近年、都市でも新鮮で安全な野菜を栽培して地産地消を行う、アーバンファーミングの動きが世界中で始まっています。私たちも自分たちで開発した土を使わず室内で栽培できる、低コストで生産性の高い栽培システムで実際に栽培を行っています。

 

多くの人に私たちと同じように、栽培してもらうためのワークショップを石川県金沢市で行っていますが、本来アーバンファーミングは大都市で普及してこそ意義があります。そこで2016年2月から4月にかけて、東京でワークショップを開催します!

 

しかし、私たちは石川県金沢市で活動しており、東京でワークショップを実施するためには多くの費用が必要になります。会場費用や、備品購入費などを集めるため、皆様の応援をお願いします!

 

(これまでに開発した、タワー型のエアロポニックスシステム)

 

 

人口は増え続け、食料の生産は重要な問題になりつつあります

 

 世界の人口は2040年には90億人に達し、その約8割が都市に住むと予測されています。 人口増加に伴う農地拡大のために森林伐採や、地方の農業就業者数の減少による生産性の低下、異常気象が要因による食料危機が訪れる可能性があるなど、食料の確保は重要な問題です。

 

都市には多くの住民、商店、外食店、会社などの大きな消費市場が近くに存在しているため、アーバンファーミングが普及することで新鮮で安全な野菜を直接多くの人に提供できます。また、都市スタイルによる新しいビジネスモデルも生まれ、これまでのサプライチェーンに変化をもたらし、環境への負荷を大幅に減らすことになります。

 

(最初の開発メンバー)

 

 

どのような栽培装置ですか?

 

国際宇宙ステーションでNASAが実際に行っている ”空中栽培(エアロポニックス)”  は植物の根は空中に放出され適切な決められた間隔で養液が散布される栽培方法です。根から酸素を直接取り込むことで、土壌より2倍のスピードで栽培ができ、水は循環利用するため90%を節約する事ができます。また、形も自由でメンテナンスや移動も容易に行えます。

 

都市にはいくつかの大規模な植物工場が建設されていますが、空きスペースや土地などでも栽培できる低価格で生産性の高い栽培装置があれば、多くの人が参入できる分散型の大きな農園が実現できます。

 

(エアロポニックス栽培の根とミストによる散水)

 

 

どうして 空中栽培(エアロポニックス)なのですか?

 

下記は小型(20ポット)の空中栽培装置と水耕栽培装置とで比較した電気料金目安です。(LED照明は含まれていません)空中栽培では水耕栽培の約1/18の電気料金です。多くの植物工場では水耕栽培を採用しており、ランニングコストを下げるために大規模な栽培が必要になりますが、空中栽培では省エネルギーで栽培を行う事ができます。

 

(空中栽培と水耕栽培との電気料金比較目安)

 

 

*栽培実績

 

野菜類:

トマト、ルッコラ、サラダ菜、レタス、キュウリ、茄子、小松菜、ほうれん草、大根菜、スイスチャード、ワサビリーフ、ラデッシュ、チンゲン菜、イチゴ


ハーブ類:

バジル、ミント、カモミール、レモンバーム、アイスプラント


花類:

ナデシコ、キキョウ、コスモス、ビオラ

 

・室内で栽培できるため、無農薬による栽培が可能です。
・水耕栽培用の無機質要素の液肥を使用しますが、有機栽培でも微生物により作られる窒素、リン酸、カリウムなどの同じ無機質の要素を植物は摂取して育ちます。
・天然材料から抽出されたオーガニック液肥も増えてきています。

 

(センサー内蔵・自動制御ユニット ”まかしたくん” )  

      

 

誰もがアーバンファーミングを楽しめるように!


ワークショップを受けると以下のことができるようになります。

・空中栽培(エアロポニックス)の仕組みと作り方を習得できる
・空中栽培(エアロポニックス)の栽培方法を習得できる
・習得した知識でオリジナルの装置を製作する事ができる
・自分で設計した栽培システムで都市型生産者になれる(自宅、オフィス、商店、レストラン、学校、福祉施設などで)

 

ホームセンターの材料でDIYできるワークショップを行う事で、専門の知識がある方だけでなく、一般の方でも楽しんでもらえると考えています。そして、ワークショップに参加した人たちが、自分でデザインして作った栽培装置を使って地産地消を行い、アーバンファーミングの発展普及に貢献してもらえると幸いです。

 

 

(ワークショップ・レクチャー編 金沢市)

 

 

是非とも、ご協力をよろしくお願い致します

 

 

■□■□■□■□■ ワークショップ詳細 ■□■□■□■□

 

空中栽培の作り方とその栽培ノウハウについて学びます。前半は空中栽培のしくみと栽培ノウハウを学び、後半にはハンズオンによるベーシックキットの作り方の実習を行います。参加費用は無料です。

 

レクチャー編(前半)
・空中栽培(エアロポニックス)について
・植物の成長メカニズム
・装置デザインと実装

・栽培ノウハウ
・育苗方法

・Q&A

 

DIY作り方編(後半)
・作り方デモの実施(ベーシック型)
・ハンズオンによる製作実習

 

*日時と場所(内容はすべて同じです)
第1回 2016年 2月 上旬 レインボー倉庫 下北沢
第2回 2016年 2月 下旬 Creator's District   渋谷
第3回 2016年 3月 上旬 GOBLIN     原宿
第4回 2016年 3月 下旬 レインボー倉庫 池尻大橋
第5回 2016年 4月 上旬 レインボー倉庫 下北沢
第6回 2016年 4月 下旬 Creator's District   渋谷

(現時点での予定になります)

 

 

■□■□■□■□■ 引換券について ■□■□■□■□■

 

■3,000円の引換券

・お礼状メール

・今回開催するワークショップへの参加優先権(6セッションのうちどれか1つ)

・たった7軒になってしまった、金沢にある山里集落の手作り味噌(350g)をプレゼント

金沢市新保町 (https://goo.gl/maps/xqPaLpBbGP12)

 

 

■10,000円の引換券

3,000円の引換券に加え

・空中栽培ベーシックキットを1セットプレゼント

シンプルで栽培方法習得に最適なキットです、ワークショップでは教材として使用します

 

縦 33cm 横 40cm  高さ 27cm 直径4cmポット x 20 DC12V電源

スプレー式による散水(今回のキットは市販のタイマーを使用します)

簡易栽培マニュアル、液肥(1回栽培分/約31日)

上記の栽培実績内容の栽培が可能です (& more) 

 

 

■30,000円の引換券

3,000円の引換券に加え

・タワー型栽培キットを1セットプレゼント

スタイリッシュでインテリアとしても楽しめます

 

直径 26cm (タンク部)  高さ 114cm  直径5cmポット x 18 DC12V電源

ドリップ式による散水(今回のキットは市販のタイマーを使用します)

簡易栽培マニュアル、液肥(1回栽培分/約31日)

上記の栽培実績内容の栽培が可能です (& more) 

 


■100,000円の引換券

10,000円の引換券に加え

・ご自分によるワークショップの企画・開催権限

※場所はご指定することができます

※スタッフの交通/宿泊費用および部材費用は含まれません

※開催権限は1年間とします

 


最新の新着情報