こんばんは!大熊です。

今日はみなさんにクイズです(^^)

 

日本では考えられないかもしれませんが、カンボジアの小学校では基本的に午前か午後のどちらかしか授業がありません。例えば、午前中に1,3,5年生が授業をしたら、午後は2,4,6年生が授業をします。なぜだと思いますか?

 

なぜなら、先生の数や教室の数が足りていないことが多々あるからです。

 

 

ひとりの先生がふたつの学年を担当したり、同じ教室をふたつの学年で使用したりしているのです。

私たちから見れば十分に教育環境が整っているとは言えませんが、そんな中でも子どもたちは毎日熱心に勉強に励んでいます。

 

そんな子どもたちの毎日を応援したい。

毎朝カッコイイかばんを持って登校することがうれしくて心が弾む。

カッコイイかばんを持っているだけでもっと勉強頑張ろうと思う。

単純だけど、すごく純粋な子どもたちの心を大切にしたいです。

 

新着情報一覧へ