プロジェクト終了報告

2017年09月20日

【お礼とご報告】ランドセルを届けてきました!

みなさま、こんにちは!ぼらぷらの大熊です。
みなさまのご協力により達成できた『300個のランドセルをカンボジアの子どもたちに届けるプロジェクト』。9月9日(土)にトンレアップ村小学校でランドセル贈呈セレモニーを行い、無事ランドセルを子どもたちのもとに届けることができました。子どもたちにたくさんの元気と笑顔を与えてくださった支援者のみなさまに、改めて心より感謝申し上げます。


先日新着情報でもご報告させていただきましたが、本日はセレモニーの様子とあわせてプロジェクト完了のご報告をさせていただければと思います。

贈呈セレモニーは私とトンレアップ村小学校理事のヒムさんのあいさつからスタートしました。

ヒムさん:「みんな(子どもたち)のことを応援してくれている日本の人たちがランドセルを届けてくれました。こんなにたくさんのランドセルが日本からトンレアップ村小学校にやってきました。日本の小学生はこのランドセルに大切なノートやえんぴつを入れて学校に通っているそうです。ランドセルは強くて丈夫で、日本の子どもたちが6年間使ってもまだこんなにきれいです。みんな大事に使えますか?これからもっと勉強を頑張りますか?」

子どもたち:「はいっ!!」

寄付者代表のKAZさんも今回セレモニーに参加されて、子どもたちに激励のメッセージをくださりました。KAZさんはもともとぼらぷらが運営するボランティアマッチングポータルサイトの会員様で、私から送った一通のメールを見てランドセル寄付にご協力いただけることになり、なんと84個ものランドセルを集めて寄付してくださいました。KAZさんから贈呈セレモニーに参加しての感想をいただきましたので 寄付者代表KAZさんからのメッセージ動画 もぜひご覧ください!

その後、カンボジア村学校で日本語英語教育ボランティアに参加しているぼらぷら会員さんから子どもたちひとりひとりに手渡していきました。子どもたちは「ありがとうございます」のと言いながらランドセルを嬉しそうに、大事そうに受け取っていました。子どもたちからのお礼のメッセージ動画 もご覧ください。


セレモニー後の通学風景はとてもカラフルで、村には活気があふれていました。

夏休みで学校に来ていない子どもたちもいるため、その子には夏休み明けに贈呈いたします。

今回みなさまからご支援いただいた資金は全額ランドセルの梱包・輸送費に使用させていただきました。リターンは9月末~10月中旬にメール便/宅配便にて発送させていただく予定です。お待たせしておりまして申し訳ございません。子どもたちが覚えた日本語で一生懸命書いた手紙も預かってきておりますので、こちらも楽しみにお待ちいただければと思います。

●【子どもとランドセルの写真】1,500円支援してくださった方にお届けします。

●【子どもからのお礼の手紙】3,000円以上支援してくださった方にお届けします。

●【WEBページにお名前掲載】10,000円以上支援してくださった方はお名前(Readyforユーザー名)をWEBページに掲載させていただきます。ご希望でない方は個別メッセージをいただければと思います。

●【カンボジアの伝統的なお土産】30,000円以上支援してくださった方にお届けします。

このプロジェクトを通してトンレアップ村小学校の子どもたちに本当にたくさんの笑顔とパワーを届けることができました。彼らの表情を見ていたらそれが良く分かりました。子どもたちはガイド・先生・医者などのそれぞれの夢を叶えるために日々勉強を頑張っています。トンレアップ村小学校を卒業して中学・高校に進学する子が増えてきた今、日本語・英語の語学力を活かして夢を叶える子が出る日もそう遠くないかもしれません。

「継続は力なり」。これからもみなさまと一緒に子どもたちの成長と未来をずっと近くで見守っていけたら嬉しいです。今後も子どもたちのために新しい挑戦をすることがあるかもしれません。その際はまた温かく応援していただけますと幸いです。

機会があればぜひ一度トンレアップ村小学校の子どもたちに会いにいらしてくださいね(^^)子どもたちはいつでもみなさまをお待ちしております!「カンボジア村の学校で日本語・英語教育ボランティア」の詳細はこちらからご覧いただけます。

この度は本当にありがとうございました!