あっという間の1ヶ月で、残り1週間となりました。

 

残り1週間を迎える前に我が家に事件が起きました。

 

それは息子が私と同じ病気である疑いであった。

 

私の病気はナルコレプシーである。

この病気の治療は薬を飲んで日中起きている薬で日常生活が送れるというもの。私はこれが体に合わず、副作用の連続となり2年間寝たきりになってしまった。

 

今、息子の病状は極めてひどく現在日常生活をまともに送る事が出来ない。

 

しかし学校のはからいで、元のように登校が可能になった。

ありがたい限りである。

そしてこのようにしている間に、CFの残りの日数は減って行った。

 

そして、救世主がたくさん現れてくれた。

 

本当に感謝としか言いようがない。

涙が止まらなかった。

 

本当にみんなありがとう。

こんな言葉しか言えない自分が情けないけれど。。。

 

最後自分のできるところ全力を尽くします。

 

皆さんも最後までご協力お願いいたします。

新着情報一覧へ