こんにちは、ウォーターエイドの立花です。25%までたどり着きました…!ご支援いただきました皆さま、応援いただいている皆さま、本当にありがとうございます!!

 

トイレの問題

ご紹介してきた水の問題と切り離せないのが、トイレの問題です。

世界では3人に1人が適切なトイレを利用できない環境で生活していますが、適切でないトイレや野外で排泄することで、地下にしみ込む、川に垂れ流しになるといった様々な問題が起こり、飲料水として利用している地下水や川などの水源が汚染されてしまいます。また、不衛生な環境によって感染症にかかる確率も高まります。

 

こうしたトイレと水の問題が原因の下痢で命を落とす子供たちが毎年約35万人います。1日に約900人の子供が亡くなっている計算になります。

 

用を足しに行く危険

女性は日が暮れるのを待って、茂みや人目につかない場所に用を足しに行かなければならないことも多く、そうした場所で襲われたり暴行される危険もあります。

 

ザンビアに住むガートルードさんは話します。


「私の家にはトイレがないので、茂みに用を足しに行きます。でも、あそこに行くのは嫌なんです。誰かが通りかかって、用を足しているのを見られるんじゃないかといつも不安だし、便を踏んづけて病気を家に持って帰ってしまうのも心配です。」

 

トイレの問題が改善されれば、健康や生活の質を向上させ、貧困を減らせることが分かっています。しかし、さまざまな事情から、トイレの普及は遅々として進んでいません。次回はこの点について、ご紹介できればと思います。

新着情報一覧へ