ご好評により本プロジェクトのマッチングギフトの支援額は満了致しました。
みなさまの引き続きのご支援をお願い致します。

ケープタウンにあるRed Cross War Memorial Children’s Hospital。南アフリカ唯一の子ども病院で、国内の9つの州のみならずアフリカ全土から専門的医療を必要とする子どもたちが集まる重要拠点です。

わずか4畳半ほどの小さな院内学級で行われたプログラムには、予想を上回る大勢の子どもたちが集まり会場は満員御礼に!見学の職員さんも合わせて20名以上が集まりました。

 

 

撮影が厳しく制限され、一部しか紹介できないのが残念でなりませんが、スタート前から「待ちきれない!」という様子で布をカットし始めた子どもたち。表現への大きな渇望を感じました。湧き上がるイメージを抑えきれず次から次へと作り続けた子、時間をかけて丁寧に作った作品を日本の病院の子どもたちへプレゼントしたいと申し出てくれた子。

個性豊かで温かな心を持った子どもたちと過ごした穏やかでかけがえのないひと時。南アフリカ最後のプログラムを締めくくりました。

 

 

 

 

 

 

 

『ハッピードールプロジェクト』がつないだ日本と南アフリカの架け橋。今回の旅で250人もの仲間が増えました。

言葉や環境が違っても、みんなで作ってみんなで笑って、感動を共有することが出来る。アートの力はやっぱりすごい!と、改めて感じた素晴らしい旅でした。

新着情報一覧へ