プロジェクト概要

 

実践で使える英会話学習で、2020年日本をおもてなし大国に!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。おもてなしガイドEnglish代表の澤田敏之です。

 

私たちは、地域での国際交流イベントやスポーツ、地域ガイドマッチングなどの英会話コミュニティーを通して【地域に国際交流の拠点を創り、地域の活性化や地域の国際化推進など訪日外国人と地域の日本人が共存出来る暖かい地域づくり】を目指して活動しています。

 

そして今回、地域コミュニティを活性化し、地域の国際化を促進するための、外国人住民と日本人住民が繋がる拠点作りのためにクラウドファンディングに挑戦します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

まず、なぜこのような事業を始めたのか、そのきっかけからお話させてください。

 

世界を旅して感じた、地域と外国人がつながることの大切さ。

 

私は19歳の頃世界一周をしました。 財布を無くしたり、熱にうなされたり、トラブルに巻き込まれたり…。 様々な場面で現地の人たちに助けてもらいました。

 

中でも、バリ島での出来事が印象に残っています。

 

クタ通りを歩いていると現地の男性が話しかけてきました。 日本人だというと、「昔、日本人に大変お世話になったので日本人に恩返しがしたい」そう言ったのです。私はその言葉に警戒し、最後はぼったくられるに違いないと思って距離を取って接していました。

 

しかし、その日に限らずその後も、滞在中ずっと車で色んな観光地に連れて行ってくれたり、 おいしい料理も沢山食べさせてくれました。それでも彼を信用することができなかった私は、最後の夜に彼の忠告を無視して、地元のクラブへ。そこで、財布とパスポートを盗まれてしまいました。

 

翌日、朝早くの飛行機で飛び立つのにパスポートと財布がないことに気づき、すがる思いで彼に盗まれたことを伝えると、必ず見つけるから空港で待っているように言われました。

 

翌朝5時。彼の友人が、財布とパスポートを届けに来てくれました。 聞くと夜中に町中の人40人で、僕の財布とパスポートを捜してくれたというのです。

 

彼の好意を疑い、最後まで距離を置いたまま別れた事を後悔しました。 結局、一度も彼に感謝を伝える事が出来ないままバリ島を離れる事になってしまったのです。心の交流を図るどころか拒絶していたことを、とても後悔しました。

 

でも、今でもその時の感謝の気持ちは消えてません。

 

景色や食べ物の感動は一瞬ですが、人の優しさや地域の温かさは、いつまで経っても 色褪せないのです。 あの時の感謝の気持ちを伝えられなかった私は、彼が『日本人にお世話になったから恩返しがしたい!』と接してくれた気持ちが良くわかります。

 

それが今、日本に来る訪日外国人や日本在住外国人に恩返しがしたい!という思いに繋がっています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
オーストラリアに住んでいた時

 

今、日本の様々な地域で外国人住民は急増しています。 外国人にとって、日本は住みやすい国でしょうか? 地域の文化への溶け込みやすさや外国人を温かく迎え入れる姿勢など、日本は国際化という面でかなり遅れているという現状があります。

 

困っている人を助けたい気持ちはあっても、英語が出来ないから躊躇する。 英語が出来ても、接し方がわからない。 そうやって気持ちがあっても行動に移せていない人も多いのではないでしょうか?

 

日本に来てよかった。日本に住んでよかった。また来たい!

 

そんな地域にするためには、まず身近にいる外国人から心の交流をしていく事が第一歩だと考えています。それによって、地域交流を活性化し、地域に繋がりを創り、地域の国際化も推進していく、そして、日本の未来を創っていくのです。

 

 

地域に活力を与え、日本人住民と外国人住民の繋がりを創れるコミュニティを。

 

そのひとつの方法として、言葉が通じなくても同じ体験が共有できる、 例えばスポーツやダンス、餅つきなどを通して、実際に外国人と交流をするということが挙げられます。

 

そこから国際感覚や語学を学び、異文化に触れることで、コミュニケーションが取れるようになり、いままで繋がりのなかった交流の場が少しづつ地域に広がっていくのです。

 

これが日本全国に広まった時に、どこの地域に行っても海外の人が安心して地域に参加出来たり、その地域の中で気持ちが通じたり、心の交流を図り合うことができるようになると考えています。

 

そこで今回、これらを実現させるためのコミュニティを作ります。

 

 

ー このコミュニティの目的 ー

 

国際社会人の育成

日本人住民と外国人住民の繋がりを創る

 

 

ー 活動内容 ー

 

〇ホームパーティ型国際交流パーティー

毎回様々な国の伝統的な料理をみんなで作ったり、ボードゲームで親交を深めたり。ホームパーティー形式で、日本語や英語での会話と食事を楽しむ会です。普段あまり関わる機会のない地域と外国人を繋げ、一緒に楽しむ場を設けることで、つよい繋がりをつくっていきます。

 

 

〇異文化交流スポーツ コーフボール

コーフボールとはバスケットを基に考案されたオランダ発祥のスポーツ。ドリブル禁止、男女混合で行うスポーツ、ゴール付近360度からシュートが打てるため、男女の枠、世代の枠を超えて楽しむことができます。また、話すことに自身がなくても、スポーツを通じて異文化の枠を超えての交流をすることができます。

 

○日本人と外国人住民と訪日観光客がJAPANで繋がる!SAMURAIパーティーin大阪城公園

最大規模の国際交流パーティーを定期開催していきます。感動のフィナーレで世界をひとつに!ここに行けば日本のグルメや伝統体験が出来て、日本人とも触れ合える!大阪を国際交流の拠点にしたいと考えています。

 

◆ダンスエリアステージ
◆飲食エリア 
    BAR  日本のローカルグルメ
   地ビール 日本酒など

◆体験ブース
   ボディペイント ネイルアート
    浴衣など

◆日本文化体験ブース
   茶道 殺陣 盆栽 など

◆お祭りブース
  盆踊り 阿波踊り 和太鼓 
  コスプレなど

 

 

ー このコミュニティができることで ー

 

・日本人も異文化コミュニケーションを学び、世界で活躍するための志やアイデンティティーを深めることができる

・スピーチや交渉など伝達力や表現力を磨くことで、実践で使える英会話を習得できる

・日本人と訪日外国人が地域で繋がっていくことで、訪日外国人にディープな日本を知っていただき、「また来たい」と思ってもらえるような温かい地域をつくる

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

このプロジェクトを通じて、困っている人がいたら自然に助ける、そんな温かい地域を作っていきます。

 

地域のコミュニティーから日本を、そして世界を変えていきたい。

 

私は2020年までに、この活動を日本の主要地域に広げていくことを目指しています。これから始まる外国人と日本人の交流が、未来の日本を創る地域交流に繋がっていくのです。

 

地域を復興したい人、英語を学びたい人。どちらにもアプローチできるこのプロジェクトは、世界をひとつに繋ぐ!一大プロジェクトになると確信しています。

 

祖国を愛し家族を愛し、世界を愛する!そんな社会をみんなで創っていきたい。

 

そのための第一歩に、どうか皆さんの力を貸してください。応援・ご支援をお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

ー いただいた支援の使い道 ー

 

皆さまからいただいたご支援は、外国人住民と日本人住民との繋がりを創るための下記の費用として大切に活用をさせていただきます。ご支援をいただくことで、外国人を助けたい人が語学教育を受けることができます。

 

・国際交流パーティーのプロモーション費

・コーフボールのレクチャー費

・備品購入費用

 

 

 

ー メンバー紹介 ー

 

■浜田陽介


1976年生れ、高知県出身、法政大学卒、TOEIC 815
エマージェンス・ジャパン合同会社 代表

英語を学ぶ事は本質的に日本を学ぶ事に繋がります。なぜなら相手の事を知りたいよ
うに、相手も自分の事を知りたいから。そして自分を知ってもらうために語る事は、
自分を取り巻くあらゆる事です。出身地や家族構成、趣味や仕事など。そして行き着
く先は日本の文化や精神性、美意識など。アイデンティティクライシスと言われる今
だからこそ、英語を学ぶこと事を通して国際社会人を育てたい。そんな思いを強く持
ちこのプロジェクトに取り組んでいます。
 

■辻優子


大地の芸術祭海外アーティストのアテンド・東京国際レズビアン&芸映画祭の短編作品翻訳・英字新聞社 The Japan Times 編集局、広告局勤務・字幕製作会社勤務・京都の着物販売会社で、海外ゲストアテンド・4か国語を操る友人と英会話カフェを始める・個人英会話教室にて英会話講師・右脳開発教材「ミミテック」を使った英会話レッスン

 

「ただ英語が話せる」のではなく、日本人としての心意気をもって、世界中の人と交流する。そんな風に世界で活躍する人財を育てます。英会話力とともに、自分の言葉に自信がもてる、目指すのはそんなコミュニケーション力です。

 

■バークホルダー啓子

20歳でアメリカ、サンディエゴに留学し、真の英会話能力とは自分力であると痛感する。帰国後、英会話講師、Expo90の通訳、フリーランス通訳、企業の海外マーケティングを経て、現在は琵琶湖湖西の日本文化、おもてなしを外国人観光客にお伝えする通訳コンダクターを務めている。自身の英会話学校で児童向け英会話も指導。

ただ英語ができる、だけでなく、自分や日本について発信し、相手の話をしっかり聴けるコミュニケーション力を実践しながら楽しく一緒に学んでいきましょう。英会話力だけでなく、自分力も上がるコミュニティーです!

 


最新の新着情報