芋煮会に欠かせない鍋。三代目鍋太郎の製作には900年の歴史を持つ「山形鋳物」の技が活かされます。

この「山形鋳物」をはじめとし、山形市が誇る伝統工芸品が一堂に会し、すぐれた製品の展示販売を行う「山形市伝統的工芸品まつり」が11月18日(土)と19日(日)に山形国際交流プラザで開催されます。また、「いも煮」など山形県村山7市7町の美味しいものが楽しめる「山形ビッグウイングフェスティバル」や日本三大こけしコンクール「みちのくこけしまつり」も同時開催されています。この機会に、是非、会場へ足をお運びいただき、山形をまるごと体感ください。

日本一の大鍋製作クラウドファンディングもPR

新着情報一覧へ