READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

山形県チームは、全国駅伝で活躍できる若いアスリートを発掘育成します

山形陸協 専務理事

山形陸協 専務理事

山形県チームは、全国駅伝で活躍できる若いアスリートを発掘育成します
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月11日(木)午後11:00までです。

支援総額

601,000

NEXT GOAL 800,000円 (第一目標金額 500,000円)

120%
支援者
61人
残り
3日

応援コメント
matsumoto
matsumoto16分前上位を目指し頑張ってください。上位を目指し頑張ってください。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月11日(木)午後11:00までです。

プロジェクト本文

〇多くの方々のご支援のおかげで、このプロジェクトは成立しました!深く感謝いたします。本当にありがとうございました。いただいたご厚意を元手にトップアスリートを招聘して、未来のトップランナーを発掘・育成していきます。

 

〇目標金額には到達しましたが、支援募集期間はあと1週間余り残っています。プロジェクトの2つ目の、今年度の全国駅伝への参加体制の充実のため、ネクストゴールとして総額80万円を設定して、引き続きご支援をお願いしていきます。現地でのサポートスタッフや次年度以降を見据えた次世代アスリートを増員して同行する費用に活用させていただきます。仮にネクストゴールを達成できない場合でも、規模を縮小して実施をしていく予定ですので、皆様から多くのご支援をいただけますと幸いです。

 

▼自己紹介

 一般財団法人山形陸上競技協会は、県内陸上競技を統括する団体で、競技会の運営や強化・育成などさまざまな事業を行っています。登録者は、4729名(2021年度、中学生1960名・高校生1431名・大学生205名・一般290名・マスターズ64名・審判779名)です。

 私は専務理事の五十嵐と申します。この3月まで40年間高校の教員をしていまして、県高体連の専門委員長、強化委員長・普及(育成)委員長などを務めてきました。これまで陸上部の顧問をしながら、全国駅伝のコーチや国民体育大会の監督・コーチ等で関わらせていただきました。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 全国男女駅伝は毎年1月に開催され、地元の中高生からふるさと選手を含む社会人までのメンバーで編成されて都道府県対抗で競うため、大変注目度の高いものがあります。県協会としても国民体育大会と全国駅伝は最重要大会として位置付けております。

 山形県は女子が2004年に4位、2005年には3位と大躍進をして、県民と県ゆかりの皆さんに大変喜んでいただきました。近年では男子が大学生と社会人が充実してきて全国中位に進出してきましたが、女子はここ数年極めて厳しい戦いが続いています。

 強化事業を行う財源として、県や陸連からの補助金・強化費を充当してきましたが、年々減額されてきています。また、長年ランナーの発掘に貢献してきた夏の県ジュニア駅伝が今年廃止されてしまい、優秀な人材を得るチャンスも失うことになりました。

 そこで今回、クラウドファンディングを実施して得られた原資を活用し、国内外で活躍するトップアスリートを山形に呼び、小学生・中学生に対してクリニック等を実施しながら、子どもたちに大きな夢をもって陸上の世界に飛び込んでもらえるきっかけにしたいと考えました。プロジェクトに参加した子どもたちの中から、近い将来山形県のユニフォームを着て、全国の舞台でタスキをつなぐランナーを育てていきます。

 

▼プロジェクトの内容

1.国内外で活躍するトップアスリートの招へい

 ・時期:9月~11月

 ・会場:総合運動公園内グランド又は芝生広場

 ・対象:小学4年生以上中学3年生まで

 ・内容:トップアスリートによるクリニックとトークショー

2.今年度の全国大会へのスタッフ及びサポート選手の増員

    ・女子(2023/1/15)、男子(2023/1/22)の大会へ、トレーナーや次世代選手を同行

3.大会に向けた強化事業(遠征等)の充実

  ・上記大会へ、早めの現地入り(直前合宿)をして、試走及び最終調整

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 可能であれば、単年度の事業に終わることなく、有望な人材の発掘から育成・強化への流れを作る入口の事業として継続実施していきたい。

 このクラウドファンディングをきっかけとして、山形の陸上を応援していただけるネットワークを構築して、将来にわたって発展していける仕組みを作っていきます。

 

プロジェクト実行責任者:
会長 佐藤 廣志(山形陸上競技協会)
プロジェクト実施完了日:
2023年1月22日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

当協会は、全国駅伝での上位進出を図るため、集まった資金を活用してトップアスリートを招聘し、小学生・中学生を対象にしたクリニックを開催して、子どもたちに夢を持たせます。(招聘経費100万)さらには、今年度の合宿や遠征を充実させるとともに、スタッフやサポート選手を増やすなど、本番の参加体制を手厚くし成績の向上につなげ、子どもたちに感動を与えます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
招聘するトップアスリートに関しては、集まった資金に応じてとなるため、交渉は今後の状況を見定めて、6月下旬か7月上旬になります。
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
トップアスリート招聘は、何としても実施したいので、不足資金については受益者負担も含めた自己資金で調達します。それでも不足する場合は、規模を縮小せざるを得ないと考えています。

プロフィール

山形陸協 専務理事

山形陸協 専務理事

リターン

3,000+システム利用料


オリジナルマスク

オリジナルマスク

県陸協オリジナルのマスクです。競技場や沿道でももちろんですが、普段の生活でも着用できるおしゃれなマスクです。

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

10,000+システム利用料


オリジナルマスク+オリジナルマフラータオル

オリジナルマスク+オリジナルマフラータオル

陸協マスクに加えてオリジナルのマフラータオルです。沿道での応援の際にも目立ちます。画像はマフラータオルの一部ですが、「限界突破‼TEAM Yamagata」と力強く印字されています。





支援者
32人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

50,000+システム利用料


オリジナルマスク+マフラータオル+全国駅伝選手団色紙

オリジナルマスク+マフラータオル+全国駅伝選手団色紙

県陸協オリジナルのマスクとタオルに加えて、都道府県男女駅伝に参加した選手団直筆の色紙を贈呈いたします。
画像はマフラータオルの一部です。「限界突破‼TEAM Yamagata」が力強く印字されています。

支援者
2人
在庫数
8
発送完了予定月
2023年1月

100,000+システム利用料


alt

特製オリジナルマスク+全国駅伝選手団色紙+招聘アスリートサイン

招聘したトップアスリートのサイン入り色紙をプレゼント

支援者
1人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年11月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
早稲田大学ラグビー蹴球部|異彩をまとうプロジェクト、始動。 のトップ画像

早稲田大学ラグビー蹴球部|異彩をまとうプロジェクト、始動。

早稲田大学ラグビー蹴球部早稲田大学ラグビー蹴球部

#スポーツ

137%
現在
4,110,000円
支援者
227人
残り
16日
夢はキャリアグランドスラム!福井誠ノ介くんの夢を応援しよう!! のトップ画像

夢はキャリアグランドスラム!福井誠ノ介くんの夢を応援しよう!!

福井誠ノ介くん後援会福井誠ノ介くん後援会

#スポーツ

継続寄付
総計
1人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする