当推進協議会は衰退してしまった樹木である大和橘を、無償で提供してくださる奈良県 県有地に植樹することで、現代に蘇らせたいと考えております。奈良の歴史的保存地区や旧街道(山辺の道、橘街道等)に植樹を現在行っております。およそ5年をかけまして春日大社、法隆寺、唐招提寺等の約40の寺社への奉納植樹も行いました。

私共は、橘の花、実、葉、茎、種のすべてを使い、地域特産物を開発し、橘商品を世に送り出したいと考えております。そのために、全国の皆様のお力添えを必要としております。大和橘を古代日本人が慈しみ大切に愛でました様に、現代の皆様のお心を頂戴できればと存じます。


法隆寺の橘

 

新着情報一覧へ