皆様からの真心のご支援のおかげで、最終日を無事に迎えることができました。またこの度は、目標金額の260%を超えるご支援をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

32日間、本当にありがとうございました

 

このプロジェクトは、今日が終わりではなく、今日が”スタート”だと思っています。

皆様からの真心の支援金を道具に代え、一人でも多くの方に笑顔になっていただくための活動を全力で開始します!!

 

明日以降も随時「新着情報」の中で活動の報告をさせていただきます。

 

 

今日は最終日にあたり、

私の一番身近にいる支援者をご紹介させていただきます。

 

私の主人(博行)です。

 

 

この写真は、まさに我が家の姿そのものです。

安来節に燃える私。

その様子を、じっとそばで見つめ見守ってくれている夫・・

 

主人と結婚して丸10年。

この10年間、主人は全く変わらぬ心で、

ずっとずっと、私の公演活動を応援してくれています。

 

今の私の【安来節人生】があるのは、主人のおかげなんです。

 

私が被災地に度々行くようになった頃、主人にこう話した事がありました。

「あなたも一緒に被災地にいこうよ!みんなが喜ぶよ!」

すると、主人はこう答えました。

「自分が行っても何の役にも立たない。自分が行けばお金も2倍かかる。優子は安来節で人を喜ばす事ができる。自分が1回行くよりも、優子が2回行った方が意味のあるお金の使い方になる。自分には優子のような活動はできない。だから優子が自分の分まで、何度も被災地に通ってあげてほしい。自分はその方が、本当に嬉しいんだ・・」と。

 

私は、主人の言葉に心を強くうたれました。

インド公演の時も、ケニア公演の時も、

主人は同じ思いで私を海外に見送ってくれました。

だから私は、いつも、

おもいっきり活動ができているのです。

 

私の活動を、心の底から応援してくれている主人への、

感謝の気持ちを忘れずに、

これからも公演活動に邁進していきます。

 

全国の皆さま、

今後共、末永くご支援いただけますよう、お願い申し上げます!

 

本当にありがとうございました!
 

 

新着情報一覧へ