「おしゃれな横浜」と言えば。やはり元町です。とはいう、古い街なだけに、車いすでのアクセシビリティは低いです。だからこそ、「お出かけ情報」が必要な地域です。

ロマンチックな雰囲気満点の店優美な曲線にかたどられたデッキやらせん階段のあるクラシックな趣のあるお店。ジブリ映画に出てきそうな、日本なのに西洋の薫りいっぱいの店構えがすてきです。あまり知られていませんが、「猫の恩返し」の人間世界の街は、この横浜元町がモデルの一つになっています。

 

 


けれども、そういう建物は車いすでのアクセスが難しいのも事実です。けれども、探せば、それなりにアクセスできて、レトロな元町の雰囲気を味わえるスポットもいくつかはあります。

オープンカフェ元町公園とジェラール水屋敷

 

ハロウィン窓本通りの1本上には、クラフトマンストリートがあり、1点ものの雑貨とか、ちょっと面白い面白いものが見つかります。が、工房を兼ねているので、ここも残念ながら、アクセシビリティが高いとは言えなくて。

ハイセンスで異国情緒あふれる街、元町。レトロなゆえの楽しさと、障がい者アクセシビリティとは、完全に相反するものではありますが、だからこそ、どうやってアクセスするか?という情報が必要になります。

ロケハン・レポーターの記憶違いも若干あって、当てにしていたお手洗いや何やらがなかったりしたらしく、バリアフリー・ガイドブックとして成立させるには、まだ探索が必要になりそうです。

 

ロケハンの実況レポはこちらから

新着情報一覧へ