プロジェクト終了報告

2018年08月31日

プロジェクト終了報告

この度は『日本三大流し踊りの1つ、青森「黒石よされ」を繋いで

いきたい!』プロジェクトにご支援頂き心から感謝申し上げます。


8月15日~20日開催した「黒石よされ」のご報告です。


今年は8月15日午後1時からの「津軽民謡組踊り競演」を雨天のため中止に

午後7時からの「流し踊り」は大雨洪水警報が出されたため中止となりました。

 

皆様から温かいご支援を頂戴したのにも関わらず
15日の組踊り、流し踊りを開催できず大変申し訳ありませんでした。

遠方から楽しみに足を運んで頂いた方もいらっしゃるなか

ご迷惑をお掛けしたことを深謝申し上げます。


8月16日は降り続いた雨にも負けず「ロックふぇす」や「大川原の火流し」などは

予定通り開催されました。夜の流し踊り前には奇跡的に晴れ間がのぞく天候となり

皆様には一夜限りの流し踊りを満喫して頂けたようです。

 

それでは、今年の黒石よされの様子をご覧ください。

【8月15日】直前まで粘りましたが雷雨で大雨警報が発令されたため、踊り子、観客の安全を第一に考えお祭りは中止となりました。残念です…。

 

【8月16日】日中降っていた雨も上がり、無事に出発式ができました。

 

【8月16日】待ちわびた踊り子達が一斉にスタート!この後、エッチャホーの掛け声とともに「黒石よされ」で市内を流し、時折「黒石甚句」、「黒石じょんから」、「どだればち(津軽甚句)」の廻り踊りでは、観客を巻き込んで踊り、楽しい2時間を過ごしました。

 

【8月16日】こちらも名物!山車に乗った地方陣(演奏者)も張り切って出発!山車を押すのは地元黒石高校野球部のみなさん!力があります!!

 

【8月16日】クラウドファンディング限定の古民家桟敷席!

2階の特別な空間でよされを観ます。この時だけ特別に開放していただきました。

 

【8月16日】こちらのお席でクラウドファンディング限定の桟敷弁当をいただきました。奥に三味線奏者の灯篭があります。

 

東京からご支援頂きました。ご家族でありがとうございます!

 

支援者の方と実行委員長が桟敷席でご一緒しました。テレビ取材ありがとうございます。

 

【8月16日】こみせ通りを流す踊り子達と山車、ご支援者だけが観れた特別な光景です!

 

【8月16日】歌って踊ろう♪みんなでよされの風景です。
雨天のため会場をスポカルイン黒石に移し開催しました。

 

【8月16日】 ロックふぇす2018 こみせ駅で開催しました。

 

 

【8月18日~20日】駅前広場にて開催された廻り踊りの様子です。櫓の周りを一般の観客が円になって楽しく踊りました。ここでは「黒石よされ」4曲のほか「どだればちサンバ」や「平成黒石音頭」、「黒石よされニューバージョン」も踊ることができます。

演奏者も5日連続頑張っていただきました。

◇収支報告
皆さまから頂いた資金724,000円を次の通り使用させて頂きました。

①備品費 (アンプ購入費)       26万円

②通信費(支援金募集システム管理費用) 14万円

③返礼品代               14万円

④広告宣伝費(チラシ印刷代他)       9万円

⑤桟敷設置費用                 5万円

⑥広告宣伝費(支援者ご芳名看板製作費)   4万円

                 (合計72万円)

 

※①備品費について

流し踊り放送用のアンプが老朽化したため
この度のご支援で、パナソニック社のアンプ WU-P53を購入しました。

 



◇リターンの発送状況について


8月10日までに皆様にリターンをお送りいたしましたが
お手元に届いておりましたでしょうか。

不足やご不明な点ありましたら、いつでもご連絡ください。

(電話 0172-52-4316 黒石商工会議所)

 

地域の伝統文化を継承していくことが難しくなっているなか

皆様からの応援は大変心強く、お蔭様で無事祭りを開催することができました。

 

クラウドファンディングに初めて挑戦したおかげで「黒石よされ」を多くの方に

知って頂くことができました。今後も「黒石よされがあるから黒石に行こう、帰ろう」と思って頂けるような祭りにしたいと思います。

今回の取り組みで頂いた新たなご縁を大事にしたいと思います。

 

お近くへお越しの際は、ぜひ黒石へ足をお運び下さいますようご連絡お待ちしています。

今後とも、ご一緒に黒石よされで大きな一つの輪になり、黒石を盛り上げていけたら嬉しいです。何卒、応援宜しくお願い致します。