代表河合です。
プロジェクト開始から33日目の本日、目標額の67%を達成しました。
あたたかいご支援を本当にありがとうございます。しかし、プロジェクトの成立までには、残り1週間で約30万円を集める必要があります。不安も大きいですが、ここまで来たら絶対にプロジェクトを成立させたいと思っています。
引き続きの応援をどうぞ宜しくお願いいたします!!

本日は、9/21に実施された全体ミーティングの内容を報告させていただきます。

**************************************************

Youth for 3.11は、プログラムチーム・広報チーム・HRチーム・事務局の4チームにわかれており、多くの運営メンバーがプログラムチームと広報チームに所属し、日々、学生派遣にたずさわっています。

毎日のように、さまざまな地域に学生が派遣されるため、派遣前参加者向けの事前研修や、帰着後の参加者向けの振り返り会(リフレクション)に直接たずさわるメンバーや、現地で活動する学生を募集するための告知文を考えたり、新しい学生層にYouth for 3.11のボランティアプログラムを知ってもらうための方法を考えるメンバーなど、それぞれがさまざまな役割を担っています。


「Youth for 3.11ではより多くの学生がボランティアに参加できるよう、助成金を利用して現地までの交通費の一部を負担しています。今日のミーティングでは、夏季休暇中に一時休止していたこの補助を秋以降再開するにあたって、どのような言葉であればより多くの学生に影響を与えられるか、広報の仕方やキャッチフレーズとなる言葉を考えました。(☞http://youthfor311.com/program2/)」

(報告者:プログラムチームメンバー)

「Youthでは現在より多くの学生がプログラムに興味をもつようにということで、プログラムの提携先や参加者のインタビューをHP上で公開しています。(☞http://youthfor311.com/sanrokumaru/)そこで、この日は、この記事をより多くの人に読んでいただけるような工夫を考えました。」

(報告者:広報チームメンバー)


秋になり、Youth for 3.11には新しい運営メンバーが続々加入しています。新しい仲間と共に、これまで思いつかなかったアイデアを実行できるよう、学生のボランティア文化の発展を目指して、引き続き活動に励みます。

応援をどうぞ宜しくお願いいたします!