双極性障害と診断されてから定期的に通院しています。

先週からは家の近くにある心療内科に行きました。

その前は電車に15分ほどのところにあるクリニックに通っていました。

僕は電車と人混みがとても苦手です。

電車に乗る時は安定剤を飲んだりすることもあります。

電車の15分という時間は一般的には簡単だと思います し私も昔は負担はありませんでした。

 

しかし、病状が悪化するにつれてどんどん人混みと電車が苦手になってしまい、その15分の病院までの道のりがまるで地球の裏側に行くような困難さで家に帰るともう何もできないくらい消耗していました。

歩くのは好きなほうなので今のところは苦ではありません。

 

病気になってからは、今まで当たり前にできたことができなくなる事が多くてそれが結構つらかったです。

 

そういうエピソードも本に収録したいと思っています。

引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

 

阿部雄一

新着情報一覧へ