READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

北海道夕張市の子どもたちへもう一度本でいっぱいの図書館を届けたい!

川端秀明

川端秀明

北海道夕張市の子どもたちへもう一度本でいっぱいの図書館を届けたい!

支援総額

1,944,000

目標金額 1,800,000円

支援者
127人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2014年01月06日 11:02

恩送り

私たちが、夕張市のとしょかん設置のプロジェクトを立ち上げた旨をHPなどで伝えた際、誰よりも早く「設置の際は手伝いに行く」と言ってくれた方がいました。

宮城県山元町の「みんなのとしょかん」、館長をしてくれている菊地さんです。

以前もこのREADYFORで、募集をさせて頂き、多くの方のご協力のもと出来上がった、みんなのとしょかん。。もともとは、建物だけだったこの場所にも、

多くの方の協力で、

電気が通り、カーペットが敷設され、花壇がつくられ、

人工芝や、遊具まで設置され、

ビニールハウスを活用したセミナーハウスまで出来ました。

 

ここまでこの場所が育つことが出来たのは、多くの方の支えに加え、地域の方の努力によるものです。その中心となって頂いたのが菊地さんです。今ではこのとしょかんを管理して頂くために、菊地さんを中心に10名以上の地域の方が協力して下さっています。

 

その菊地さんより、設置協力の申し出が。。

「震災以降、今まで、本当に多くの方にご支援を頂いた。その方々に直接お返しすることは出来ないが、その恩を他の地域で頑張っている方に返したい。」という事でした。

誤解をして頂きたくないのは、震災の被害を受けた地域、ここ山元町の花釜地区も、未だ復興という言葉は程遠い現実があります。その状況を少しでも改善するため、菊地さんはじめ、この地域の方々は、日々さまざまな事に追われています。それでも頂いた恩を少しでも返したい、との思いで申し出てくれました。

恩送り、という言葉があります。

自分が頂いた恩をその方に返すのではなく、次に必要とされる方へつないでいく。そしてそれが続いていく。。というとても素敵な言葉です。

菊地さん、その際はよろしくお願いします。

そして、このような恩をつないでいくためにも、今回のプロジェクトを成功させ、良いものにしたい、と改めて思うことが出来ました。

多くの方の支えにあらためて感謝申し上げます。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

お礼状と報告書をお送りします。
メロンゼリー(3個入り)を差し上げます。

支援者
72人
在庫数
制限なし

10,000

上記2点に加え、
*ご希望の本を一冊お名前入りで、蔵書として図書館に収めさせていただきます。
ご希望の本を応援コメントにお書き下さい。

支援者
34人
在庫数
制限なし

20,000

上記3点に加え、
*夕張特産の夕張メロン(優クラス)一玉を収穫の時期に、メッセージを添えてお届けさせて頂きます。

支援者
18人
在庫数
7

100,000

上記4点に加え、
*図書館の『一口館長』となって頂き、そのお名前とメッセージを館内に掲示するスポンサープレートに記載させて頂きます。

支援者
6人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする