図書コーナー設置完了のご報告

READYFORで募集させて頂いた、夕張へのみんなのとしょかん設置。

昨日、多くの方の力を頂き、無事に設置が完了しました。

当日は、地元夕張市の皆さまをはじめ、夕張再生の会の皆さまや、夕張青年会議所、栗山青年会議所の皆さまに加え、宮城県山元町でみんなのとしょかんの館長をされている菊地さんをはじめとする皆様にもお越し頂き、総勢30名での設置作業となりました。
また、当日は鈴木市長もボランティアさんを激励に来てくださいました。

今回設置作業を行った旧夕張小学校には、一般社団法人らぷらすさんによって、障がいを持つ方が働くカフェをはじめ、地域の方が集う事が出来る「交流スペース」がオープンしたばかり。

現在の状況では、独立した施設としての私設図書館は、予算的にも人員的にもその維持が難しい現状があります。そんな中で、地域の方が集まる取り組みを行うらぷらすさんと共に運営する事で、それぞれの相乗効果も生まれ、その維持も可能となります。そういった点もあり、この場所では、カフェスペースと隣のキッズスペースに3か所に分けて図書コーナーを設置させていただく運びとなりました。

準備した本は3500冊。小説や実用書をはじめ、絵本や児童書、漫画もあります。

もちろん皆様からおすすめ頂いた本も一緒です。

多くの皆さまのお力添えもあり、午後3時に設置が完了しました。

 

私たち「みんなのとしょかん」は、最初からすべての本棚を埋める事はしません。

約2割程度は本棚に空きがあります。

残りの2割は地域の方のニーズを伺い、それらの本が少しずつ埋まっていく事で、地域に根付いた場所にして頂きたい、という思いからです。

この図書コーナーの名称も私たちは決めていません。あくまでも地域の方が決めて頂いて、そして何より好きになって頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。そして、何よりもこのとしょかんの設置はあくまでも始まるきっかけでしかありません。

これからも地域の皆様と共に、少しでも愛される場所になれるように寄り添っていきたいと思います。

ご協力を頂いたすべての皆様に心から、本当に心から感謝申し上げます。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています