READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

北海道夕張市の子どもたちへもう一度本でいっぱいの図書館を届けたい!

川端秀明

川端秀明

北海道夕張市の子どもたちへもう一度本でいっぱいの図書館を届けたい!
支援総額
1,944,000

目標 1,800,000円

支援者
127人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2014年02月19日 20:11

地域の方とともに

現在進めている、夕張へのとしょかん設置。

単なる本の置き場とならず、地域にとって必要とされる場所になるためには、

地域の方の協力が何より不可欠です。

そんなことから、この日は各方面で頑張っていらっしゃる方々との話し合い。

まずは、旧夕張市緑小学校、旧緑陽中学校へ。

一つ目のとしょかん設置予定場所です。

ここでは、「NPO法人あ・りーさだ」さんが、閉校した小中学校を活用し、地域の居場所づくりを進めようとされています。特に旧緑小学校には、介護施設の他に郵便局なども入る予定との事。

あ・りーさださんは、スポーツを通して、障がいを持つ子どもたちを笑顔にする活動を行っています。そんな方々の推進力となれるような場所をつくるためにはどんな場所であるべきか、色々と話し合いを行いました。

その後は夕張市役所へ移動。
夕方にもかかわらず、廊下の照明は付けていません。
些細な所にも、財政再建のための厳しさが見受けられます。

市議会議員の熊谷さまと、読み聞かせ等、様々なボランティア活動を行っている「かぜちゃる」の園さま、以前もご紹介した、夕張の図書コーナーのボランティアをされている「ひなたぼっこ」の三島さまとの話し合い。


「この地域には児童館がない。是非そんな居場所となれるようなを場所作ってほしい」
という言葉とともに、
協力してくださる旨のあたたかい言葉を頂くことが出来ました。

財政が破たんしている夕張市。だからこそ「自分たちでも出来ることを」と考え、行動される方がいます。そのような方の力を借りることが出来るのは、とてもありがたく、何より励みになります。


とは言え、厳しい状況である事には変わりありません。

そんな中でも頑張っている方にとっても、
何より地域で暮らす子どもたちのためにも、
地域の居場所となれるような、そんなとしょかんをつくりたいと、心から思いました。
 

皆さまのおかげで100万円を超えるご支援が集まりました。。。
本当に感謝しかありません。とは言え、目標まではまだまだあります。


今後とも、どうか皆さまのお力をお貸しください!
 

一覧に戻る

リターン

3,000

お礼状と報告書をお送りします。
メロンゼリー(3個入り)を差し上げます。

支援者
72人
在庫数
制限なし

10,000

上記2点に加え、
*ご希望の本を一冊お名前入りで、蔵書として図書館に収めさせていただきます。
ご希望の本を応援コメントにお書き下さい。

支援者
34人
在庫数
制限なし

20,000

上記3点に加え、
*夕張特産の夕張メロン(優クラス)一玉を収穫の時期に、メッセージを添えてお届けさせて頂きます。

支援者
18人
在庫数
7

100,000

上記4点に加え、
*図書館の『一口館長』となって頂き、そのお名前とメッセージを館内に掲示するスポンサープレートに記載させて頂きます。

支援者
6人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする