ゴールまであと少し、残り僅かな時間となりました。たくさんの方からの応援が私たちの力になっています。

 

● 応援コメントの一部をこちらで紹介させてください

「READYFORの文章を拝読して、心打たれました。プロジェクトが成立しますよう祈っております。」

「つながってひろがる楽しみをありがとうございます。」

「時を越えて、本田さんから届く手紙のように、楽譜を受け取り、音を読める日がくるのを楽しみにしています。がんばってください。」

「本田さんが生きていた頃の演奏は拝見したことはないのですが、5年ほど前に横浜美術館で港のスペクタクルで、残りのメンバーでチャンチキトルネードの演奏を聞きました。あの時見に行けてよかったなと思ってます。」


 作品があれば、死んでることも生きてることもあまり違いがないように思えたりする、その素晴らしさの一方で、これまで生きてきたから、今この瞬間の出会いが生まれたと思うと、生きた時間を重ねることの尊さを感じます。

 

 皆様の応援を力に、せっかく始まったこの歩みを形にできるように。最後まで走り抜けます!どうか応援をよろしくお願いします!

 

写真:小沼慶太郎

新着情報一覧へ