プロジェクト概要

メールを翻訳し、中小企業の海外への可能性を広げます!

 

初めまして。西澤朝絵と申します。留学経験で学んだ英語とドイツ語を活かして、海外中小企業が安価な価格で日本市場へのコンタクト(翻訳メール送付など)を可能にするための業務を行っています。

 

出版社で海外営業していましたが、ずっと言葉の壁がある海外の中小企業と日本市場を結ぶための仕事をしたいと思っていました。メールの翻訳をサポートすることで、国内、海外の中小、零細企業でも国際的にビジネスを可能にします!

 

日本向けのWEBページ制作を依頼する資金が不足しています。国内の中小企業に海外営業のチャンスを提供するため、ご協力をお願い致します。

 

(海外市場はとても大きな規模を持っています。)

 

 

中小企業にとって言葉の壁はなかなか超えることができません。

 

海外留学の経験を活かし、出版社に就職した後も海外営業を行ってきました。ヨーロッパを中心に、大手ホテルチェーンや政府観光局を訪問してきました。多くのヨーロッパ人が「日本という市場に興味を持っているが、言葉の壁があり、日本にコネがあるわけでもない。ジェトロなどに問い合わせてもその後どうしたらよいかわからない。」「ダイレクトメールを英語で日本に出してもレスポンスがない。」などの意見をたくさん聞いてきました。

 

もちろん日本でも状況は同じです。大手の企業こそ海外進出していますが、中小企業は難しい状況に置かれています。日本の中小企業がドイツ語圏の会社にコンタクトしたくてもドイツ語でのコミュニケーションが取れないなどの声を国内営業時によく聞きました。現在は多少現状が改善されているとはいえ、いまだ日本の中小、零細企業で英語、ドイツ語を話すことができる人は限られています。

 

(言葉の壁がなくなれば、活発な取引が出来るはずです!)

 

 

それでも海外に挑戦したい企業はたくさんあります!

 

海外とのやり取りのためには、語学の専門のスタッフが必要になります。しかし、費用が高く、中小企業、零細企業には大きな負担となります。これを可能にするため、低コストで翻訳を行う外部委託ができる会社を設立しました。

 

現在、海外向けにメールを中心とした翻訳業務を行っていますが、英語表記のホームページしかなく、国内向けの業務はあまり行えていません。日本国内の会社にサービスを使ってもらうためには、日本語のホームページは必要不可欠です。

 

(海外に挑戦するお手伝いがしたい!)

 

 

日本企業にもっと海外で活躍してほしい!
 

日本に支店を持たない海外中小企業が、また、国際化が進んでいない予算の少ない日本の中小零細企業にサービスを利用していただき、日本と海外を繋ぐ架け橋になれたらと思っています。


特に国内の中小、零細企業の中には、高い技術やオリジナリティーを持った商品が眠っています。このような企業が海外に挑戦することで、国内の中小、零細企業の国際化に繋がっていくと信じてます。

 

(日本と海外の架け橋となれることを願っています。)

 

 

■□■□■□■□■ 引換券について ■□■□■□■□■

 

■サンクスレター


■キーホルダー 

 

■写真立て