プロジェクト概要

 

九州産野菜を熊本県益城町の野菜パウダーをつかった
安心安全な"ペットフード用ふりかけ"を作りたい!

 

はじめまして、株式会社WITHの井上雅博と申します。私は以前から九州野菜の品質の高さに感動し、熊本を中心に農業視察を行ってきました。将来は阿蘇山麗のふもとで大自然の恵みを受けた野菜を作ろうと準備を進めていましたが、2016年4月の熊本地震がおこり状況は一変してしまいました。

 

大切に、丁寧に、丹精込めてつくったお野菜は輸送面でうまく流通できず、一部は廃棄を余儀なくされていました。九州を訪れる観光客も全体的に低迷し、熊本の経済状況は厳しいものが続いています。震災後から避難所や車内生活を余儀なくされている方々、地元農家の方々との交流を続け、廃棄する道へ進む余剰野菜の増加を食い止めるべく、「野菜パウダー」という保存できる栄養たっぷりの粉末に加工をしました。

 

現地の美味しい新鮮な野菜をムダにすることなく、「野菜パウダー」というかたちで加工し、それを人間と同じようにペットが健康的に過ごすための、「九州野菜を原料とした100%国産のペットフード用ふりかけの開発」というプロジェクトを立ち上げました!しかし、そのための加工費用が足りていません。ぜひ皆さんのお力をお借りできればと思います。

 

<ペット用ふりかけの使い方>

 

栄養価の高い野菜の鮮度を保ったままパウダーに。

 

 

人の健康と同じように、ペットも健康に気を使った食生活を送ることで、
病気を未然に防いでいくことができます。

 

今回の野菜パウダーをつくるきっかけとなった、昨年2016年4月に起こった熊本地震。震災当時は、熊本県災害ボランティアセンターを通し、救援物資の仕分け作業や避難所の清掃などを行っていました。

 

そんな環境の中で、ペットを買われている方々はペット同伴で泊まれる施設を探したり、車中であっても避難所から離れたところに移動させ鳴き声等に気を使う日々。食事面では救援物資の対応が早く、空腹に悩まされるような状況にはいたりませんでしたが、栄養のバランスが炭水化物系のものに偏り、ビタミンやミネラルが不足し、体調を崩してしまう動物も多かったようです。

 

友人の獣医に話をきいたところ、震災時だけではなく、日常から「ペットが人間社会のストレスを受け止めているセーフティーネットであり、人間のストレスを受け止めることで病気になっていることが一つの課題だ」との話を聞きました。もちろん、都市部では運動不足や餌のとり過ぎによる肥満等の問題も複合的にあるようですが、病気になるときはストレスが引き金となるのは人間と同じメカニズムのようです。

 

人の健康について考えるのと同じように、ペットの健康や命についても改めて見直す機会になり、現時点でのペットがかかる病気等について調べました。結果は人間と同じような生活習慣病にかかり、癌などの病状を発生していることを知り、ペット用の予防・未病食品の必要性を強く感じ、ペットフード用ふりかけを作りたいと思ったのです。

 

ペットたちが健康に日々をおくることができるために。

 

 

地震の影響で有機野菜農家が大打撃!

美味しい野菜を造り続けてもらえるような支援がしたい!

 

震災によって畑の地割れが起こり、行き先の見つからない野菜が生まれてしまいました。実際に熊本の農家さんの様子を伺ったところ、規格外や収穫放棄するものを含めて、把握している限りではニンジン・かぼちゃ・ほうれん草・たまねぎに関して、なんと各種10トン以上の余剰がありました。

 

これら熊本の野菜は、阿蘇山麗からの伏流水の養分(ミンラル分等)と火山灰の地質から自然の恵みで肥沃な土壌がつくられています。野菜のみずみずしさと色の濃さに伴い、野菜本来の味の濃さが強いのが特色です。また、熊本県の菊池地域は有機野菜の組合が日本ではじめて出来たことからも化学肥料に頼らずに農業できるだけの土壌の強さが特色です。日照時間も長いことから植物の成長に適しています。

 

しかし農家さんにとって、地割れなどの影響で、野菜を廃棄することは収益の圧迫になっています。農家をやめる人も出てきている中、有機野菜にこだわりを持って生産されている方々に、諦めずに、これからも美味しくて体に良い有機野菜を継続して作ってほしい!と感じていました。

 

そんな野菜をムダにすることなく、新鮮な栄養を保ったまま、使える手段はないかと探りつづけ、この野菜をパウダーにし、これを使ったペットフード用ふりかけの開発を行うことにしました。

 

 

 

ペットフード用ふりかけとは?

 

商品原料の野菜を粉末化してくださる九州ベジパウダーさんは、地元農家と連携し、余剰野菜をフレッシュな状態のまま粉末化する仕組みを構築、組成を破壊しない独自の製造加工により有機性成分含有量の多い、高品質な野菜粉末を作られています。

 

<ペット用ふりかけの生産のしくみ>

 

● 熊本を中心とした九州野菜を原料とする。

● 加工は熊本県益城町にある粉末工場を利用。

● ペット用生産ラインの増設と身障者雇用を行う。

● 都市部のペットショップをアンテナショップとしSNSを活用して販売。

 

<商品詳細>

●種類:ほうれん草、にんじん

●量:120g1パック(約20日分)

●使い方:1日1回、ペットフードにふりかけてください。

小型犬:1回3g、大型犬:1回5g目安

 

   

 

 

 

 

九州の有機野菜を使って、熊本地震の復興を応援!

ペットたちと長く健康的な生活を送るために。

 

九州野菜を使うことで、地元の農家さんを応援できるだけではなく、震災の被害にあった、益城町の食品加工工場で生産するので、さらなる復興の応援に繋がります。これは応援につながるだけではなく、新鮮な野菜を早い段階で地元でパウダーにできるので、栄養価を最大限活用することが可能となります。

 

また、現在生産工場では、 障がい者の方が従事していますが、震災の影響で仕事が減ってしまっています。今回のプロジェクトで、ペット用生産ラインを作ることができれば、簡易作業の労働を創出することで障害者雇用に繋げることができます。

 

このように生産過程でさまざまな方を応援することができる、ペット用ふりかけが普及することで、栄養価と食物繊維のバランスがとれ、腸内環境を改善することができ、ペットの病気を未然に予防することができます。対処療法から予防療法へシフトすることで、医療のコスト負担が結果的に減るとともに、なによりもペットたちが健康でいてくれることで、1日でも長く一緒に過ごすことができます。

 

ペットたちに健康に過ごしてもらうため、そして震災以前の生活に戻るために懸命に立ち向かっている農家や地元業者の方々を応援することができる今回のプロジェクト、ぜひ成功させたいと思います!ぜひ温かい応援をお願いします!

 

安心・安全な食材で、ペットたちにも「

 

 

●●●リターン●●●

 

●サンクスレター

 

●ペット用ふりかけ

300g、1kg、2kgは、保管やご友人の方にお配りしていただきやすいように、発送の際には100g単位で3個、10個、20個と小分けにしてお届けします。

 

●記念ボードにお名前

今回のペット用ふりかけの原料となり、皆様にもお届けします美味しいお野菜の畑に、ご支援いただいた皆さんのお名前を刻んだ記念ボードを設置します。

 

●お野菜セット(5種類/7種類)

九州・熊本産の新鮮な野菜を5種、7種のセットでお届けします!

 

●熊本産旬の果物

熊本産の季節の美味しい果物をお送りします!

 


最新の新着情報