今回は、創業したきっかけについて話していこうかと思います。

 

大学在学中、友人たちと

サークルでやっている活動を会社としてやれたらいいよね!

という話をよくしていました。

私は発達障害を持った子供や幼稚園などでの

運動指導を中心に活動するサークルである

アダプテッドスポーツ研究会に所属していました。

そこでは運動の楽しさや体を動かすことの喜びを

先生や学生が一生懸命、子供たちに伝えていました。

だからこそ、この活動を会社としてやれたらいいなと感じていました。

 

しかし、卒業すると皆それぞれの夢を追い別々の道へ就職しました。

卒業して4年後のある日、職場の同僚の方と

『いつか体操指導をする会社を立ち上げたい』という話をしていると

『やってみたらいいよ!そのときは子供たちを入会させるから』

と背中を押されました。

 

不安や心配事はたくさんありましたし、今も悩むことは多いです。

しかし、あの時背中を押して下さったことは今でも忘れません。

起業してみると今まで見えなかったことがたくさん見えてきました。

なにより、仕事をしている時が今は1番、楽しいです(^^)/

 

新着情報一覧へ