プロジェクト終了までカウントダウンが始まりました。3月6日午後11:00までのプロジェクトです!ぜひ大阪市西淀川区にある外国にルーツを持つ子どもたちのための学習支援教室「きらきら」のメンバーの一員になってください!

 

今日は「きらきら」の開設当初から子どもたちの学びを支えてくださっている「きらきらせんせい」お二人にインタビューをしました!

 

◆「きらきらせんせい」を始めようと思ったきっかけを教えてください!

 

Yせんせい「友人からの紹介で興味を持ちました。また、南米にルーツをもつ子どもが教室にいることも聞き、自身が学生時代に専攻していたスペイン語も役に立つのではと思い、始めようと決めました。」

 

Iせんせい「私自身が外国人集住地域に生まれ育ちました。日本語ができず困っている同級生が同じクラスにいたので、彼らのような外国にルーツをある子ども達のサポートに関わりたいと思ったからです。」

 

お二人ともご自身の体験と重ねあわせ、活動を始めてくださったようです!

 

▲「きらきら」の子どもたちの話をしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます!



◆「きらきら」の子どもたちと日々接してどうですか?

 

Yせんせい「学習面ではサポートする側にいますが、自身の気持ちに素直で正直な子どもたちと接していると、逆に多くのことを彼らから学ばせてもらっているような気がします。」

 

Iせんせい「思春期の子ども達と接しながら、言語学習の支援だけでなく、日々の様子(悩み)にも配慮するようにしています。」

 

◆「きらきら」でのやりがいを教えてください!


Yせんせい「学習面で、子どもたちができなかったこと・分からなかったことが、できる・分かるようになってくれたときには大きな喜びを感じます。」

 

Iせんせい「子ども達と接することが私にとっても生きがいです!この場所が子ども達の居場所になっていると感じます。」

 

お二人とも、きらきらとした表情でお話ししてくださいました。

 

◆きらきらにずっと関わってくださっていますが、子どもたちに変化はありましたか?

 

Yせんせい「教室に入った当初は、不安や緊張で笑わない子供が多かったのですが、一緒に勉強する仲間ができたり、また学習面においても「できなかったこと」が「できる」ようになったことで、笑顔が増えたように感じています!」

 

Iせんせい「日本語が全くできなかった子が、しっかり話し、作文も書けるように変化してく姿を見るのはとてもうれしいです!」

 

子どもたちにずっと寄り添ってくださっているせんせいたち。子どものどんな小さい変化も見逃しません!

 

▲勉強だけじゃない!せんせいだって、ゲームで大盛り上がり!子どもとの距離をぐっと縮めます!


◆最後に。未来を生きる子どもたち。ぜひ外国にルーツを持つ子どもたちにメッセージを!

 

Yせんせい「子どもたちには、自身が将来「やりたいことができる」選択肢を持てるようになってほしいと願っています!!」

 

Iせんせい「自分のルーツと日本で育つことに誇りをもち、グローバル人材として活躍する子たちに育ってくれたらと思います!」

 

外国にルーツを持つ子どもたちの学習支援教室「きらきら」は、本当にたくさんのみなさまの応援によって活動することができています。みなさま、本当にありがとうございます。

 

このチャレンジの残すところあと2日になりました。「いいね!」、記事のシェア、応援メッセージ、もちろんご支援も引き続きどうぞよろしくお願いいたします!色々な形でぜひ「きらきら」に関わっていただけるとうれしいです!大阪市西淀川区にある外国にルーツを持つ子どもたちのための学習支援教室「きらきら」のメンバーの一員になってください!

 

 

 

 

新着情報一覧へ