ついに完結!ようやく完成した旭面を届けることが出来ました!

大変ご無沙汰しています!

昨年、皆様のご支援の下に挑戦、そして成功させて頂いたクラウドファンディングでのプロジェクトで、伝統的な潜水マスク「旭面」というモノづくりに挑みました・・・。

クラウドでの資金調達は昨年のあの時点で達成いたしましたが、その先まだまだ完成までの部品作りと道のりは続いていました・・・。

昨年の10月に旭面としてのモノ自体は完成していたのですが、最後に残されていたその面を顔に留めるストラップと呼んでいるバンドにあたる部分・・・、さほど難しいものではないだろうと甘く見ていましたが、実際はこれが一番難しく複雑で難関となりました・・・。

それまで作ってきた金属パーツ類などは、いわば元のパーツから型を起こしてコツコツと職人気質で忍耐強く削る、切り取る、曲げる・・・様な、ある意味私にとっては日常的にも得意な作業だけだったのかも知れませんが、ストラップに関しては、今までになかったものを想像とイメージで興していって、今まで携わったことのない縫製技術との戦いになっていきました・・・。

試作品を何度も何度も作り上げ失敗を繰り返し、水中で旭面の重量を支えられず顔からズレ落ちていってしまうという致命的問題を、ようやく最終的に丈夫な生地のウエットスーツ素材で、頭の形に沿った立体裁断で縫製仕上げることで解決できました・・・。

 

そんなわけで、ストラップ製作の失敗とテストダイブを繰り返した挙句、ようやく、昨日1月29日にあの元となった人物、海人オジィの新里さんとその漁師仲間達に完成品である旭面を手渡し、納品することが出来ました・・・。

 

やるぞー!と動き始めてからなんと4年もかかってしまいました・・・。

新聞にも取り上げられました!

 

お陰であちこちから問い合わせと注文が殺到していて、増産に追われる事になりそうです・・・。

このままでいけば構想から製作まで全てにかかった製作資金の借金返せそうです!

 

よかったー・・・!(笑)

 

ですが、プラモデルは作っているときが一番楽しい・・・!

 

と同じく、やはりモノづくりは構想してから完成するまでの工程過程が一番楽しいです・・・!

 

なので私し、更にこの先旭面を進化させて、沖縄の海人だけではなく、広く世界のダイバーと潜水マーケットに乗り込むべく第二弾・・・そして第三弾まで既に考え始めました・・・!

 

その時は是非また皆様のお力をお貸し下さい!

 

これが今回のプロジェクトのけじめとして、最後の挨拶となりますが、重ね重ね本当にご支援ありがとうございました!

 

これをもちまして本プロジェクトを完結させて頂きたいと思います・・・!

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

旭潜水技研

杉浦

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています