READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パキスタンの"見捨てられた"劣悪スラムの縫製学校を拡張したい

Riffat Bhatti(NGO代表)

Riffat Bhatti(NGO代表)

パキスタンの"見捨てられた"劣悪スラムの縫製学校を拡張したい

支援総額

635,000

目標金額 530,000円

支援者
34人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録11人がお気に入りしています

終了報告を読む


11お気に入り登録11人がお気に入りしています
2017年06月12日 19:10

御礼 プロジェクトが無事終了しました!

このプロジェクトを支援してくださった皆様、またプロジェクトに関心を持ちページをのぞいてくださった皆様・・・

 

皆様からのサポートのお蔭で

イスラマバード市内スラムの一角に

縫製学校の新・教室がオープンしました!(目印は青空床屋さん。その隣が教室への入り口です)

 

様々な問題に一つ一つ対処しながらの教室建設。こうして学校再開まで辿り着けたのも、皆さまからの応援と祈りがあったからだと強く感じています。この場をお借りして、皆さま1人1人に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

以下、プロジェクト終了報告です。お時間あるときに目を通していただけたら幸いです。

 

【プロジェクト終了報告】

 

教室はシャフィークさん宅屋上に建設。20畳を超えるスペースを確保できたので

 

 

広さは30人の生徒が余裕で座れるくらい。また、窓を2つ取り付けたため、晴れた日には明るい光が差し込み、電気を使う必要がないほどです。また、換気できるので臭いがこもることもありません。

 

さらに嬉しいのは

 

 

スペースが広いため、美容技術トレーニングも同じ教室で同時に行えるようになったこと!

 

※美容技術学校の詳細についてはhttps://readyfor.jp/projects/12176/announcements/54704 をご覧ください。

 

縫製技術学校・美容技術学校、双方で学びたいという女性が急増しているため、これは、私にとっても、また生徒たちにとっても喜ばしいニュースです。

 

もちろん、教室だけでなく

 


念願だったソーラーパネルも購入することができました(↑写真は実際に購入したもの。教室の屋上に置きました)。

 

ソーラーパネルを設置したことで

 

酷暑が続くこの時期に必須の扇風機も取り付けられ(写真右上)、暑さを和らげてくれます。

 

そしてもう1つ、生徒たちが泣いて喜んだのが

 

 

トイレの設置。衛生環境が非常に悪いスラム。これまでも、衛生観念の”いろは”を生徒たちに教えてきましたが、これからは”生徒専用女子トイレ”の利用を通して、衛生観念への学びを深めていってほしいと思っています。

 

それからもう1つ、報告しなければいけないことがあります。

 

ネクストゴールを設定したことで、目標金額より約10万多い金額に達成することができましたが、建設工事の途中で教室を破壊されるという痛ましい事件が起きたため、余分にいただいたお金全てを新たな建築資材購入に充てることになりました。そのため、当初、お約束していた「ミシン購入」を果たすことができなくなり、大変申し訳なく思っています。

 

その一方で、事情を知った在イスラマバードの日本人支援者の方が

 

ミシン4台を寄付してくださいました!

 

ミシンのカバーには"LORE & LIGHT SOCIETY"と私のNGOの名入りシールが貼られています。元々あった3台(2台壊れたうちの1台を修理して手持ちミシンは3台)にこの4台が加わって、学校のミシンは7台になりました。

 

皆さまからの支援金でミシンを調達できなかったことは悔やまれますが、こうして手を差し伸べてくださった日本人の方の優しさに心より感謝します。

 

今日時点で双方の学校を合わせた生徒数は59人(多くはキリスト教徒ですが、内イスラム教徒が10人!!)。登録希望者はまだ多数いて、噂を聞きつけた他のスラムの女性たちも登録にやってくるといった状況です。

 

縫製技術学校、美容技術学校共に、午前・午後の部を設けて、フル稼働。皆さまのお蔭で新天地で再開した2つの学校では、今、この時間も、多くの生徒たちが縫製技術・美容技術の双方を学んでいます。


【収支報告】

支援していただいた金額(635,000円-手数料)は、パキスタンルピーに換算すると

 

489,600ルピーでした。

 

以下、用途内訳です。

 

①人件費(工事期間21日分)

・石工職人(1300ルピー×3人×21日)

・大工(800ルピー×2人×21日)

 

合計 115,500ルピー

 

②建築材料関係費

・セメント(510ルピー×89袋)

・砂利(2200ルピー×8袋)

・砂(1000ルピー×8袋)

 

合計 70,990ルピー

 

③セメントブロック

 

セメントブロック自体(1450ルピー×28)

運送料(1600ルピー×4回分)

 

合計 47,000ルピー

 

④建具関係費

 

・表扉 4,800ルピー

・教室扉 4,800ルピー

・トイレ扉 3,000ルピー

・窓(大) 4,500ルピー

・窓(小) 2,950ルピー

・鉄骨組み 220ルピー×193.5ft

・鉄の梁 55ルピー×780ft

・鉄棒 75ルピー×250KG

・屋根用タイル 2,250ルピー×14

・運送費 3,200ルピー

 

合計 158,970ルピー

 

⑤ トイレ

 

・(日本でいう)和式便器/排水パイプなど 5,800ルピー

・運送費 400ルピー

 

合計 6,200ルピー

 

⑥ ソーラーパネル

 

ソーラーパネルセット 82,950ルピー

(含む扇風機、電球2つ、バッテリー、パネル、ワイヤー、スイッチ、ブラケット)

 

合計 82,950ルピー

 

①+②+③+④+⑤+⑥=484,610ルピー(残り4,990ルピー)

 

※残り4,990ルピー(約5,000円)については、布・糸・断ち切りハサミなど、学校再開のために必要だった縫製学校備品の購入にまわしました。ご了承いただけると幸いです。

 

以上です。

 

あらためて、皆さまのご支援に心より感謝いたします。

 

これからも、Readyforの皆さまのサポートで再出発した縫製技術学校・美容技術学校、そしてここ学ぶ生徒たちのことを、思い出し祈っていただけたら嬉しいです。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

リターン

3,000

心からの御礼を申し上げます

・御礼のeメール

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

女性たちの手づくり巾着袋

・御礼のメッセージ入り手づくりカード
・縫製技術学校に通う女性たちの手づくり巾着袋
※オープンして間もない縫製技術学校ですが、そこに通う女性たちが初めて挑んだ手づくり巾着袋です。布は、パキスタン製コットン生地の余り布や切れ端を使いました。

支援者
3人
在庫数
57
発送予定
2017年7月

10,000

全力応援コース10000

・御礼のeメール
・縫製技術学校に通う女性たちから、メッセージ動画

※いただいたご支援のほぼ全てを、縫製技術学校の増築にあてさせていただきます。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

20,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

私のキッチンより……パキスタン産ピンクソルト

・御礼のメッセージ入り手づくりカード
・縫製技術学校に通う女性たちから、メッセージ動画
・縫製技術学校に通う女性たちの手づくり巾着袋
※オープンして間もない縫製技術学校ですが、そこに通う女性たちが初めて挑んだ手づくり巾着袋です。布は、パキスタン製コットン生地の余り布や切れ端を使いました。
・パキスタン産ピンクソルト
※イチオシの高品質ピンクソルトをご用意しました。

支援者
1人
在庫数
49
発送予定
2017年7月

20,000

全力応援コース20000

・御礼のeメール
・縫製技術学校に通う女性たちから、メッセージ動画

※いただいたご支援のほぼ全てを、縫製技術学校の増築にあてさせていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

私のキッチンより パキスタン産スパイス×5箱

・御礼のメッセージ入り手づくりカード
・縫製技術学校に通う女性たちから、メッセージ動画
・縫製技術学校に通う女性たちの手づくり巾着袋
※オープンして間もない縫製技術学校ですが、そこに通う女性たちが初めて挑んだ手づくり巾着袋です。布は、パキスタン製コットン生地の余り布や切れ端を使いました。
・パキスタン産ピンクソルト
※イチオシの高品質ピンクソルトをご用意しました。
・パキスタンならではのスパイス5種詰め合わせ
※パキスタン老舗ブランドのスパイス5種(ガラム・マサラ、クミン、ターメリック、チリ、コリアンダー)です!

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2017年7月

50,000

全力応援コース50000

・御礼のeメール
・縫製技術学校に通う女性たちから、メッセージ動画

※いただいたご支援のほぼ全てを、縫製技術学校の増築にあてさせていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

プロジェクトの相談をする