チャリティーライブ

えーる江南に遊びに行きました

 

本当に施設の人も、利用者もみんな熱く燃えてる人ばかりだった

僕はいつも目の前の人に何を伝えられるか

与えられるか、受け取る事ができるか学べるかを考えている。

 

この日を迎える前に施設の人と何時間も打ち合わせをしたんだ。

初めまして!に始まりなんでこうゆう活動をしてるのか

自分が何者なのか。優しく目を見て話を聞いてくれた

そして施設の方々の思いや熱にも触れてこの施設が本当に

真剣な人たちばかりなのを知っだ。

そして迎えた当日、この日予報は雨。

でもね、晴れたんです。

とても熱く世界が色づいてた。

今日を共に作る仲間たちを迎えに行き会場であるえーる江南に向かった。

伝える側、それに負けないくらいの受取手のみんなのエネルギーがぶつかり合って混ざり合って

この日確かに短い時間だったけど確かに僕らはシンクロした。

 

ありがとう。えーる江南

うまくいかないものや、分かり合えない気持ち

生きてたら沢山あるよ。でも伝え続けたい。

諦めるな。一人じゃないと歌い続けたい。

この4月から始めたツアーの一つと共に始まった

ライブハウスに来れない人に伝えに行く活動。

 

金や時間でも買えない何年も色褪せないモノを

死ぬまでに僕らはあといくつ手に入れられるかな。

作れるかな。与えられるかな。

ありがとう。泣いてくれた人たち

あの瞬間のずっと前に僕らは貴方に会いたかったのだと思う

そしてあなたの涙に見たモノを決して僕は忘れない。

 

また来るよ。

その日までお互いに元気で笑おう。

 

スピーチ内容

個性って世界そのもの

続けることで得たもの

なぜ音楽だったのか

 

楽曲 しっぽのない猫

 

まだまだ沢山の施設に行きたい

これからもがんばります

残り日数あと少し

でもやりきる。応援お願いします!

新着情報一覧へ