Xiborgアスリートの佐藤圭太です。

これまで皆様より多くのご支援をいただき、誠にありがとうございます。

 

初めての試みですが、多くの方に応援していただき、大変感謝しております。

 

 

2020年東京大会に向けて、パラリンピックが注目され、選手が競技に活躍できる機会は増えてきていますが、まだ全ての人が走ることを楽しむ環境というのはできていません。

 

特に競技用の義足というのは購入して自分用に調整しないと使用することができず、いわゆる靴のように「試し履き」というのができません。

 

高額の義足を購入したものの自分に合わなかったということもありえます。

 

この”義足の図書館”を通じて、競技用義足を機会が増え、足がなくても走る喜びを体感できる機会が増えたらと思っています。

 

僕もアスリートとして東京パラリンピックで一番のパフォーマンスをすることを大きな目標としていますが、東京パラリンピックがただ選手が競技をする機会になるのではなく、 2020年に進む中で、アスリートに限らない誰もがスポーツを楽しむことができ、スポーツを通じてよりよい社会になるように、皆様とともに作りあげれたらなと思っています。

 

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ