皆さんこんにちは!

 

九州北部豪雨で多くの土砂や災害ゴミに悩まされている被災地を支援するプロジェクトも、とうとう残り10日となってしまいました。


あと10日間で約12万円を集めることができなければ、このプロジェクトは不成立となってしまいます。挑戦期限は9月15日(金)23:00。どうか応援してください。

 

 

【朝倉市小河内地区の様子】

 

九州北部豪雨災害から今日で2ヶ月が経ちましたが、未だ十分な支援の手が行き届いていない地域もあります。
東林田地区を支援中、小河内地区の住民の方が私たちに地元の状況を教えてくださいました。

「私が住んでいる小河内はあまりにひどい被害で何もできなくて、今は東林田に来ています。でも、あちらにも助けが必要です。」

 


これまで小河内地区は車が通れないほど深刻な状況だったのですが、ようやく車両が入れるようになり、是非ボランティアの皆さんに応援してほしいとのこと。

現地へ調査に入ってみたところ、山のあちこちで土砂崩れを起こした跡が残り、家は激流に半分だけどえぐりとられているような光景がありました。

 

 

家主の方々がようやく後片付けに出てきて、今は家族だけで一所懸命、ゴミ出しと泥だしをしています。

私たちチームが立っていた場所は、かつて田んぼだったり、何軒かの家が並んでいたと教えられました。

 

 

 

2ヶ月が経っても、まだ支援の手が届いていない地域があります。

私たちチームは一件でも多くの被災家屋を支援すべく、日本全国から、またアメリカや韓国など世界各国から来られたボランティアの皆さんとともに、活動を続けて参ります。

 

【写真の寄せ書きは香港のボランティアチーム】


どうか皆さん、私たち支援チームの活動を通して、いまだ助けを必要としている方々に支援の手を差しのべていただけないでしょうか。

残り10日、皆様の応援をお待ちしています!!

 


 

 

 

 

新着情報一覧へ