皆さん、こんばんは!

私たちのページに訪問していただきありがとうございます(^^)/

麗澤大学学生国際協力団体Plas+です。

 

 

本日は大塚桃香(4年)が担当します!!

 

 

今回は【Plas+の歴史】第3弾ということで

~はじめに私たちが行おうとしていたこと~

についてお話したいと思います。

 

 

”カンボジアのために何かしたい”

と決心して団体を結成した私たち。

 

 

実際にカンボジアで何がしたいのか

知識も経験もない私たちが自分たちなりに考えた活動は

情操教育である音楽を使った活動や貧困解決などでした。

 

 

音楽なら言語が通じなくてもできるんじゃない?

カンボジアは貧困が多いって聞くし貧困解決に繋がる活動をしたいかも。

そんなあいまいな理由でした。

 

 

しかしその浅はかな考えはある人の出会いによって

今後のPlas+の活動を大きく変化させたのです。

 

 

 

NEXT⇒<眞子岳先生との出会い>

by 村瀬朱里

 

 

最後までお読みいただき

オークンチュラン

(カンボジア語でありがとうございます)

 

 

新着情報一覧へ