私は展示会などで、ふりかけの試食をさせていただくことが多いのですが、微妙な味の違いや微妙な香りの違いとなると、よくわかりません。

 

そこで、もっと味覚を敏感に鍛えないといけないと思いました。なので、「ふりかけ分析」を行っています。

 

まずは、ぱっとみてどんな素材(食材)が入っているのかがわかり、食べなくても味が想像できるようになりたいと思っています。

 

100種類を目標にやっています!

 

そして、食が細くなってきたお年寄りやご飯のおいしさを忘れかけている人にも食欲が湧くような究極のふりかけを自社商品として作りたいと思っています。

新着情報一覧へ