3月になりました!春の嵐で、3月がスタートしました!

いつものように、月初めのお参りを済ませ、4日㈰には

゛尾張の国”のお宮巡りをしました。尾張の国って!?・・・愛知県です。

よーく考えると、有名な戦国武将は゛尾張の国”の出身が多いのですよ!

どのような神さまにお守りされている所なのか、知りたくて、一の宮、二の宮、三の宮、国府宮を巡って参りました。

愛知県で有名な神社といえば、熱田神宮ですが、実は熱田さまは三の宮。

では、一の宮は・・真清田神社なんです。(ますみだ神社:一宮市)

その、真清田神社内に、もう一つの神社があります。

『機織神社』です。機織神社の神さまは、伊勢神宮の天照さまの御着物を織りなす女性の神さまです。

そして、その神社の左前に悠々とそびえ立っている楠がおりました。

その力強さに、足を止め、しばらく見上げていました。

それから、樹の根元に目をやると、『幸運の楠』と立て札がありました。

なぜ、幸運なのでしょう!?

疑問になったので、神社の方に伺ってみました。

「あの楠がこの神社で一番古い樹なのです。」と。

「ご神木なのですね!?」

 

しめ縄も何もされていませんでしたが、

力強さの中に温かさが伝わってきます。

機織りの神さまをずっとずっとお守りしている樹だと、感じました。

今どきの言葉で言ったら、SPのような感じでしょうか・・・

素敵!私の心が弾みました。

 

「あなたのストーリーをいつか書きたい。書かせてね。」

 

優しい風が吹き、葉っぱがさやさやとはずかしそうに応えてくれました。

それまで雲に隠れていたおひさまが顔をのぞかせ

温かい日差しを降り注いでくれました。

まるで、にっこり微笑むかのように・・・

 

 

 

 

新着情報一覧へ