75d8918ad965f6e9e0a5db7dfa68f4d7a2c9e734

いつも温かいご支援ありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

本日はカンボジア支援の理由を

Michiiiiのメンバーよりご説明させていただきます。

 

 

なぜ、カンボジアを支援するのか。
日本にもたくさん支援すべき人々がいるのに。
他国の支援をする団体に、このような疑問を抱いたことはありませんか?

私の話をさせて頂きますと、実はこの団体に入るまでそう思っていました。
私がこの団体に入ったきっかけは、ただ『子どもたちを笑顔にしたい』から。
特に深い理由もなく、入りました。
しかし、実際に初めてカンボジアというちょっとだけ発展しかけた小さな国へ訪れ、今から約40年前のポルポト政権時代の悲惨な大量虐殺の出来事を知り、スラム街で人生に絶望している人々の生の声を聞き、自分の今までの生活との違いにショックを受けました。

でも、それだけではありません。

明るく、一生懸命生きる人々の姿もありました。暖かくて、キラキラした笑顔が溢れていました。

そこで価値観がガラリと変わりました。
なんで今まで食べ物を残して捨てていたんだろう。なんでお金を無駄遣いしていたんだろう。
そんな当たり前のはずだった事を思い出させてくれる、こんなにもステキな国があるんだ。

私たちはこの国のほんの米つぶ程度の支援しか出来ないかもしれない。いや、もしかしたらゴマ塩くらいかも。

 

 



それでもあの笑顔をずっと守りたい。

だから、私たちはカンボジアを支援します。

しかし冒頭で述べたように、過去のポルポト政権時代に掲げた極めて原始的な農業主体の共同社会により、学校教育も廃止されました。
そのため元々学校の校舎だった建物は、破壊されたり刑務所などとして使用されました。
このような背景が、現在の教室不足に繋がります。

私たちの支援するグラフィス小中学校でも、大幅な生徒数の増加により教室が不足している状況です。
小学校を卒業した子ども達を中学校でも勉強させてあげたい。子ども達の未来を広げてあげたい。

しかし、教室を増設するには、私たちの普段の募金活動やチャリティーイベントだけでは資金が足りません。
そこで、このクラウドファンディングを通して、皆さまに協力して頂きたいのです。

私たちに力を貸してください。
皆さまのご理解、ご協力を宜しくお願い致します。

新着情報一覧へ