Ecc12ad4dfa5badc9f1ed6ed1815fbbe07a18880



日本の障害者アートをとりまく状況は、ここ何年かで急激に変わり様々な言説や批評が生まれています。

アートはアート、魅力的なものは魅力的。

アートと障害者アートを分断させないこと、それは社会と障害者を分断しないことに結びつきます。
アートとして正当な評価、さらなる精緻な批評や価値が生まれるには適正なマーケットをつくることが必要になります。


アートのことは勿論ですが、福祉や障害についても見識がないと難しいジャンルでもあります。

未来をつくる難しいチャレンジを勇気を持って始められたギャラリー、そして杉本さんを応援しています。
新着情報一覧へ