鹿児島伊佐でさつまいもが順調に育っています。

 薩摩太良院(さつまたらいん)の川畑です。

 先々週、父の七回忌で鹿児島伊佐に帰ってきました。父がなくなってから、もう7年目に入るって、月日の経つのは早いですね。

 今日は前回のお伝えしたさつまいもがいまどうなっているかをお伝えしますね。栽培をお願いしてある農家さんの畑へ行ってきました。今年は、大雨や台風の影響で生育を心配していましたが、今のところ順調のようです。応援指定ただ入る農家さんのおかげです。ありがとうございます。

 これから、土中の栄養分を吸い上げ、日差しを浴びて、大きな美味しいさつまいもができそうです。愉しみですね。

 台風も心配されます。なんとか、このまま順調に育って欲しいです。あ、そうそう、実はこの畑の近くには、お猿さんが住んでいます。お猿さん、お願いだから食べないですね。

 11月初旬に収穫予定です。ガンバレさつまいも君。美味しく大きくなってね。

 

<さつまいも畑の全様です。>

 

<鮮やかな緑が眩しいです。>

 

<虫にかじられた葉っぱは、無農薬の証です。虫さんも美味しいから食べているのですね。>

 

□おまけの画像

  さつまいもは連作(同じ場所で毎年続けて栽培すること)を嫌います。連作すると、うまく育たなかったり、病気でだめになってしまうことがあります。ということで、今年休ましている畑の様子です。実は、GWに雑草刈をしたのですが、その後日程がとれず、そのままになっていました。

そうしたら、こんな状況に。畑は休ませているのに雑草君には休みがないのです。どんだけ、元気なのか雑草君。

<畑の土が見えません。>

<朝6時から2時間、2日かけてやっとここまできました。

まだまだですが、今回はここまでです。次回は焼却と刈り込みを

して来年に備えます。雑草君もう頑張らなくていいからね。>

 

 今回は以上です。また、畑のことや伊佐のこと開発状況などを

お伝えしていきます。

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています