皆様のご支援のおかけで、無事目標金額を上回ることが出来ました。

さて、先日福井藩の歴史を少しお話しましたが、興味深くお読みいただい方もいらっしゃるようなので、調子に乗ってもう少しお話させてください。

 

松平秀康(結城秀康)は本来、将軍になるべき立場であったのに、なぜか徳川家康から嫌われて、家康のそばにいる事は殆どなかったそうです。その理由はいくつか挙げられますが、まずは母親の「お万の方」は家康が戦場で落ち延びたときに助けてくれた村娘で良家の出ではない事、そして秀康は双子の弟として生まれてきたとされていることからです。当時、双子は忌み嫌われていましたので、先に生まれた子をこっそり養子に出すのが習わしだったそうです。

秀康自身も家康から嫌われていることは知っていましたから、そのため松平の姓を自分から名のることは生涯なかったそうです。

したがって、秀康の子らも何故自分達は将軍家に嫌われているのか疑問に思ったはずです。そのため戦場では功績をあげようと人一倍勇猛果敢に戦いました。秀康の長男忠直は大阪夏の陣で一番乗りを果たし真田幸村を打ち取る功績を残しました。しかし、それでも論功行賞が少ない事に腹を立て、幕府に不平不満を述べたことが原因で大分豊後地方に流罪とされてしまいます。また、その子光長も一度は家督を継ぐもののすぐに越後高田に移転させられてしまいます。そして次男の忠昌が家督を継ぎます。忠昌の三人の息子たちのお家騒動の話は前出の記事でご説明したと思いますので省きます。

 

昌親が五代藩主になって乱れた藩内をある程度整理した後、お家騒動を鎮めるために昌親が行った事は、光通の子直堅ではなく、何と直堅派と一番敵対している松岡藩の長男綱昌を養子にし、六代藩主に据え、自分は隠居するという奇策にでます。一見滑稽に見えますが、これは昌勝派も直堅派も越後高田派も納得せざるを得ない考え抜かれた案だと思います。ところが、六代藩主綱昌はとんでもない暗君で、自分が実務が出来ない事に、腹を立て誰彼かまわず罵倒したし刃傷したりしたそうです。見るに堪えない幕府はとうとう綱昌を監禁し福井藩を取り潰しにすると沙汰を下します。しかし将軍綱吉は昌親が福井藩の面倒をみるなら、石高を半分にして福井藩を存続させると決めました。そうして昌親は七代藩主吉品として再就任します。

 

つたない相関図を作ってみました。

 

新着情報一覧へ