ウムヌゴビ県で研修と調査を行った講師の先生方より、画像が送られてきました。モンゴル国南部にあるウムヌゴビ県は、国内で最も大きな県で、ゴビ砂漠の中に位置しています。

研修・調査の様子を拝見すると、皆さんが大変熱心に取り組んでくださっているのが伝わってきます。

 写真から、ゴビ砂漠の雰囲気をうかがい知ることはできないのですが、広大なモンゴル国のさまざまな場所で行っているこの調査には、きっと、その土地の雰囲気や文化、生活の特色なども、何らか現れているのではないかと思っています。みんなでがんばって、調査の結果をまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ