みなさん、こんにちは。シャンティ国際ボランティア会の竹内です。

今日はネパールの食についてお伝えしようと思います。

 

ネパールの食事は、インド料理に近いのですが、インド料理よりも香辛料の刺激が強くなく、野菜をふんだんに使っているので日本人の口にも合いやすいと思います。日本で食べられるネパール料理は大きく二つに分けられるかと思います。

1つ目はインド・ネパール料理です。インド人が経営している場合はインドカレーの種類が豊富だったりしますが、ネパール人が経営している場合はネパールの蒸し餃子である「モモ」や、ネパール人が毎日食べている「ダルバート」、おつまみ感覚で食べる「セクワ」などがあります。

 

 

2つ目はネパール・チベット料理です。カレーに加えてチベット料理を食べることができます。ネパールラーメンのような「トゥクパ」、今回リターンで協力してくださっているレストラン・レッサムフィリリでは「ギャコック鍋」が食べれます。元々はチベットの宮廷料理で、手羽元などの肉類、たっぷりの野菜、スパイス入りの濃厚スープが特徴の鍋です。ギャコック鍋はネパールでも事前予約しないと食べられなかったりします。2つの料理店では、モモの形も違うので見てみてください。

 

最近ではネワール料理も食べることができるようになってきているみたいです。日本への留学生が多くなり、周りにネパール料理店が増えているので、是非ネパール料理に挑戦してみてください。

 

 

お酒もネパールのお酒があります。代表的なものは「ロキシー」といい、日本の米焼酎に近い味わいです。現地ではストレートで、または水割りで飲んでいます。また、ロキシーを蒸留する前の状態で飲むお酒もあり、これは「チャン」と言います。見た目と味わいはどぶろくに近く、日本人の口にも合うと思います。

 

他にも有名なお酒として「ククリラム」というラム酒があります(ちなみにククリとはネパールの剣のことです)。私がネパール人と現地で飲む際は、ネパールで作られたウォッカやウイスキーを水で割って飲んでいます。ビールは様々ありますが、甘み少々強いのが特徴かもしれません。日本でも飲めるビールに「エベレスト」があります。個人的な好みは「ゴルカビール」です。最近のではクラフトビールの「シェルパビール」が若者や駐在外国人に人気になっています。クラフトビールのトレンドは世界共通です。