READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

がんと共に生きる若者を写真の力で笑顔にしたい

CANCER PHOTO+  代表 西尾菜美

CANCER PHOTO+ 代表 西尾菜美

がんと共に生きる若者を写真の力で笑顔にしたい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月25日(土)午後11:00までです。

支援総額

241,000

目標金額 1,200,000円

20%
支援者
32人
残り
16日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
5人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月25日(土)午後11:00までです。

5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

CANCER PHOTO+(キャンサーフォトプラス)

代表 西尾菜美と申します。

私は写真スタジオでカメラマンをしています。そこでは赤ちゃんからお年寄りまで多くの人の笑顔の写真を撮らせてもらっています。

前職は、がん専門病院で広報の仕事をしていました。そこで多くの最新医療情報やがんという病気のこと、そして、病気と立ち向かう患者さんと医療従事者たちの熱意を現場で見てきました。

前職の繋がりでその後も医療従事者の皆さんと医療情報をyoutubeで発信してきたり、冊子の製作に携わったりしてきました。

今後も、がんに対する情報発信はもちろん、少しでも患者さんやそのご家族の心の支えになれるような写真を撮れるように、日々勉強中です。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

2020年の秋にAYA世代ガンサポートチームのDr.にAYA世代のがん啓発イベントを一緒にしないかと、お声をかけていただき、AYA世代のがん患者さんを対象としたイベントとして、「第一回AYA世代無料振袖撮影会」を開催させていただきました。

その際にも、クラウドファンディングでご支援をいただき、コロナの影響で延期が続きましたが、無事に2021年6月・7月の5日間で合計14名の患者さんにご参加いただきました。

ご家族にもご参加いただき、たくさんの笑顔の写真を撮らせていただく事ができました。

ご支援をいただきました皆さま本当にありがとうございました!!

(そ様子は下記URLからご覧になれます!)

 

前回参加できなかった患者さんや、医療従事者からの希望もあり、第二回目の「AYA世代無料振袖撮影会」を開催する事になりました。

そして、大阪だけではなくこの取り組みを主要都市での開催の要望もあるため、個人ではなく

今後は安定した継続ができるように、今回の開催より任意団体CANCER PHOTO+を立ち上げました。

 

各メディアでも取り上げられました。

NHKニュース(2021.3.20)

毎日新聞(2021.5.1)

朝日新聞(2021.5.6) 

読売新聞(2021.5.26) 

読売新聞(2021.7.10)

毎日放送(2021.7.29)番組名『よんチャンTV』

【特集】『AYA世代』がん患者らの振り袖姿の撮影会 2歳半で右目にがん患った女性「夢叶った」(MBS) https://www.youtube.com/watch?v=9BqhSypekS0 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

20歳〜39歳までのがんを経験したAYA世代の患者さんを対象に女性は振袖、男性は袴を着ていただきます。お好きな着物を選んでもらい、プロのヘアメイク、着付けを行います。

様々なシチュエーションで写真撮影を行って行きます。

ご家族との撮影もご希望に合わせて行います。

撮影したお写真を見てもらい、後日データとアルバムをプレゼントさせていただきます。

それに伴い、ご参加いただいた方には簡単なインタビューやアンケートにご協力いただきます。

撮影の際の負担感や心理的な変化などご協力いただける範囲でご回答いただきます。

また、ご承諾いただけた方に関してはインタビュー内容や撮影風景、撮影した写真、医療従事者によるAYA世代のがんとは、など、まとめた動画をYouTubeで配信します。

 ※コロナウイルスの影響によりプロジェクトが中止になる場合がございます。

その際は、開催を延期して集まった資金を使用させていただきます。

フォトギャラリーhttps://www.aya-furisode2021.com

 

【プロジェクト要項】

●開催日時    2022年2月4日5日6日18日19日20日

        10:30〜・13:30〜・16:30〜

2021年11月12日追記:

開催日時は、2022年2月11日12日19日20日に変更になりました。

 

●開催場所    NPO法人 つながりひろば     https://tsunagari.osaka.jp

〒541-8567 大阪府大阪市中央区大手前3丁目1−69 患者交流棟 2F 

●主催者    CANCER PHOTO+ 代表 西尾菜美」

●イベント内容    

<概要>・AYA世代(思春期・若年成人:Adolescent and Young Adult)のがん患者・経験者の方に振袖を着ていただき、撮影し、写真をプレゼントする。・写真撮影風景及び、参加の患者さんのインタビューなどの動画配信をする。

<趣旨>

・写真を通じ、サバイバーの方を元気づける。 

・心理的な変化など、効果の測定をあわせて行う。

●その他    <その他情報・特色>

・2021年のAYA世代のがんの啓発イベントであるAYA Week(https://ayaweek.jp/)と連動して実施される。

・効果測定(一般的なアンケートの範疇であり、診断などの医行為には該当しない)に関し、研究者、医師らのバックアップもあり・元がん専門病院の広報担当者(西尾菜美)がカメラマンとなり、前職でのつながりを活かし、医療職・専門職を巻き込むユニークなプロジェクトである。

 

▼プロジェクトの展望

・ビジョン前回とは場所もスタッフも少し変更しました。それは、今後このプロジェクトは全国展開を視野に入れており、このプロジェクトを広げていくためにもより多くの人に携わっていただき、我々にとってもまた新しい環境で開催することにより経験値を深めていくことで、安全性や確実性を持って開催をしていくことができると考えているからです。今回は特にスタジオ設備のない環境での撮影となり、我々にとっても大変貴重な開催になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
西尾菜美 CANCER PHOTO+
プロジェクト実施完了日:
2022/02/20

注意事項

プロジェクト概要と集めた資金の使途

CANCER PHOTO+が「AYA世代無料振袖撮影会」を実施し、集まった資金は人件費、アルバム制作費、に使用します。

プロフィール

CANCER PHOTO+  代表 西尾菜美

CANCER PHOTO+ 代表 西尾菜美

今、カメラマンとして赤ちゃんからお年寄りまでたくさんの人たちの笑顔を、毎日撮影させていただいています。 前職では、がん専門病院の広報として医療従事者、患者さんの笑顔の写真も撮影させてもらっていました。 患者さんと医療従事者のマラソンチームにも所属しており、一つの目標に向かって皆んなで一緒に練習に励んできました。 そういった経験が、がんという病気に対し私の中で少し考えが変わってきました。 がんは確かに怖い病気ですが、怖さの中には、知らないからこその未知への恐怖、ネット上のネガティブ情報、間違った憶測、などが多いような気がします。 まず正しく病気を知ることが大切なんだと思い、今でも医療従事者の皆さんと一緒にそういった情報発信を続けています。 その一つとして今回振袖撮影会を実施し、多くの人にがんに対してもっと関心を持ってもらい、知ってもらうきっかけになればと思っています。

リターン

1,000


alt

応援するよ!

実行者よりサンクスメールをお送りさせていただきます。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

3,000


大判風呂敷 SARASA柄 110cm×110cm

大判風呂敷 SARASA柄 110cm×110cm

大変好評な大判風呂敷です。ストールにも使えます。
※色はお選びできません。
※コロナウィルスの影響により発送が遅延する恐れがあります。遅延した場合でも必ず発送しますので何卒よろしくお願いいたします。

支援者
7人
在庫数
43
発送完了予定月
2022年4月

5,000


トートバッグ

トートバッグ

CANCER PHOTO+のロゴ入りトートバッグ
コンパクトで可愛い使いやすいトートバッグです。

支援者
3人
在庫数
27
発送完了予定月
2022年3月

10,000


alt

動画のエンドロールにお名前や企業名を掲載します。

インタビューや撮影風景などをまとめた動画のエンドロールにご参加いただいた方のお名前、企業名を掲載いたします。

10,000円:動画のエンドロールでお名前や企業名を紹介
30,000円:動画のエンドロールでお名前や企業名を字体を大きく紹介
50,000円:動画のエンドロールで企業名と企業のロゴを紹介
※口数多くご支援をいただいている方と差別化するために改めて設定させていただきました。

*注意事項:このリターンについては、こちら (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の  
「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年5月

50,000


個人・ご家族撮影

個人・ご家族撮影

お誕生日や、いろんな記念日などにお伺いして撮影をさせていだきます。
データのみのお渡し。
※大阪府内であればどこでも伺います。交通費やスタジオ費用は別途いただきます。

※2022年3月から2023年2月までの間でお伺いさせていただきます。詳細な日程については、ご相談上、決定させていただきます。

支援者
1人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年3月

プロフィール

今、カメラマンとして赤ちゃんからお年寄りまでたくさんの人たちの笑顔を、毎日撮影させていただいています。 前職では、がん専門病院の広報として医療従事者、患者さんの笑顔の写真も撮影させてもらっていました。 患者さんと医療従事者のマラソンチームにも所属しており、一つの目標に向かって皆んなで一緒に練習に励んできました。 そういった経験が、がんという病気に対し私の中で少し考えが変わってきました。 がんは確かに怖い病気ですが、怖さの中には、知らないからこその未知への恐怖、ネット上のネガティブ情報、間違った憶測、などが多いような気がします。 まず正しく病気を知ることが大切なんだと思い、今でも医療従事者の皆さんと一緒にそういった情報発信を続けています。 その一つとして今回振袖撮影会を実施し、多くの人にがんに対してもっと関心を持ってもらい、知ってもらうきっかけになればと思っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

介護者が気軽に「行ける場所より行きたい場所へ」行ける旅行を目指して

代表 藤吉 正一 【レスパイト・ツーリズム】代表 藤吉 正一 【レスパイト・ツーリズム】

#医療・福祉

73%
現在
2,195,000円
支援者
62人
残り
22日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする