READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

※SOS 生後1週間~1か月迄の仔猫6匹、医療費援助のお願い

こねこサポーター

こねこサポーター

※SOS 生後1週間~1か月迄の仔猫6匹、医療費援助のお願い

支援総額

16,000

目標金額 100,000円

16%
支援者
4人
残り
68日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月13日(木)午後11:00までです。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

▼自己紹介

 はじめまして、「こねこサポーター」の角谷 亜紀と申します。私は、石川県石川育ち、現在も石川県にて3人の子育てをしながら、高齢者施設に勤務しております。高齢者に関わる仕事のため、高齢者の昔ながらの飼育による自家繁殖からの多頭飼い、疾病による入院などによる飼育困難。保健センターに連れて行かれる猫の姿を確認する機会が多々ありました。

 そんな猫達の命が、1匹でも多くの救われるよう「こねこサポーター」として、自宅で保護ボランティアの活動を開始しました。開始当初は10匹程度だった保護猫が、約7年たった現在では、年間約40匹の猫を受け入れ新しい家族へと繋いでいます。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 自宅での保護活動であるため、外で育った野良猫、家で繁殖した猫、どの猫であっても自宅に連れて来る前には、ノミ・ダニ駆除、便や血液の検査など行います。正社員で働きながら保護活動のため、また、家族として迎えて頂く方々のためにも、保護猫達の健康状態等の確認し、自宅に受け入れる際には最低でも1泊2日の健康診断のための検査入院を行っております。また、生後1週間くらいの子猫の受け入れになると、お昼休みに帰宅して授乳できる大きさ生後2~3週間、授乳の間隔が4時間おきくらいになるまで、約1~2週間を病院で過ごします。

 今年度は、シラミのいる猫が多く入院期間が長期化している傾向です。以前は、初回の受診費用を負担してくれた方もいましたが、最近では対象者が高齢者で、私の所に相談に来るのは、担当ケアマネージャーである事が多く初回の受診費用を負担して頂く事が困難な事例が多く続いております。

 今回、クラウドファンディングを知ったのは友人からの紹介です。利用してみようと思ったきっかけは、皆様の活動を確認させて頂き、自分では真似できない素晴らしい活動を目の当たりにして、とても勇気が湧きました。今の自分の活動に、限界を感じていた事もあり、新しい事にチャレンジするきっかけになればと思い応募しました。初の試みですので、至らない点も多々あるかと思いますが、皆様のご意見・アドバイス等頂きながら、今後とも、この活動が継続していけたらと思っております。

宜しくお願い致します。

 

▼プロジェクトの内容

 同様のボランティアをしている方々も同じですが、自分の身を削り少しでも多くの命を助けたいと思い活動しております。しかし、身を削るにも限度があり、もう保護猫を受け入れられないと思う時も多々あります。

 直ぐに「保護施設を開設する」とか、「猫カフェ」とか、そんな大きな事は今は出来ませんが、1匹の命から支援が受けられたらと思い応募に至りました。

 

・生後1週間の仔猫2匹の入院費・通院費と検査費用

   入院費:2060円(2匹分)×6日間=12360円     

   通院費:5640円(嘔吐・風邪治療費)

   検査費:4470円(ノミダニ駆除・シャンプー)

   食事代:830円(ミルク缶)×8缶=6640円

       2701円(離乳食・餌代)

   猫砂代:2579円

 

・生後1か月の仔猫4匹分の入院費(検査結果により日数未定)と検査費用

   入院費:3090円(4匹分)×6日間=18540円

   検査費:3090円×4匹分=12360円(エイズ・白血病検査)

       1240円×4匹分=4960円(ノミ・ダニ駆除)

       1030円×4匹分=4120円(便検査・駆虫薬)

   猫砂代:1721円    

           

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 今後とも保護活動を継続していくのは勿論、高齢者施設に勤務している事から、やはり高齢者が最後まで健康で幸せに生活が出来るよう支えたいと考えます。そのうえで、飼育しているペットも同様に、飼い主さんに何かあったとしても安心して生活が出来るなら、お互いに良い環境になるだろう考えております。

そのためにも、保護猫・飼い猫ともに受け入れられる施設が開設できたらと思います。

 

 

・プロジェクト終了要項

治療・手術対象
生後1週間の野良猫2匹の仔猫と生後1か月の仔猫4匹、合計6匹の保護猫。

治療・手術内容
入院費(6匹分)、便検査(6匹分)、血液検査(6匹分)、脱水症状の治療(2匹分)、シラミ駆除(2匹分)、耳垂れ治療(2匹分)猫風邪の治療(4匹分)、猫風邪による目脂治療(4匹分)、猫風邪による目の癒着治療(2匹分)、便検査の結果より回虫・コクシジウム駆除(4匹分)

治療・手術完了予定日     
生後1週間の2匹の仔猫の退院日:2019/8/30
シラミ検査、耳垂れ治療終了:2019/9/18
生後1か月弱の仔猫の退院:2019/9/5
検査・治療完治予定:2019/9/30  

その他     
2019/9/30までに、6匹の仔猫の検査・治療を完了をもって、プロジェクトを終了とする。

 

2019/10/25現在、6匹の仔猫は家族として迎えて頂くことが出来ました。

 

 

 

もっとみる

プロフィール
こねこサポーター
こねこサポーター
仕事をしながら、仔猫の保護活動をしております。仕事をしながらの保護活動ですので、連絡に対し直ぐに返信できないこともあるかと思いますが、出来る限りたくさんの仔猫が出来るよう頑張って行きたいと思います。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

仔猫の幸せのために(リターン不要)

・感謝の気持ちを込めて、お礼のメールを送らせて頂きます(^^)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

これからの仔猫の幸せのために(リターン不要)

・感謝の気持ちを込めて、お礼のメールにて写真を送らせて頂きます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

これからの猫の幸せのために(リターン不要)

・感謝の気持ちを込めて、お礼メールにて写真を送らせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する
プロフィール
こねこサポーター
こねこサポーター
仕事をしながら、仔猫の保護活動をしております。仕事をしながらの保護活動ですので、連絡に対し直ぐに返信できないこともあるかと思いますが、出来る限りたくさんの仔猫が出来るよう頑張って行きたいと思います。

あなたにおすすめのプロジェクト

国際協力で ”おもしろいこと" をやるコミュニティ誕生!

国際協力サロン(代表:田才諒哉)国際協力サロン(代表:田才諒哉)

#国際協力

累計支援者数
262人
継続会員数
114人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする