プロジェクト概要

パキスタン南東部へ村人の手工芸品製作技術の向上を支援しに行きます!

 

はじめまして、小林正典と申します。私が活動を計画しているパキスタンでは、国土の90%以上が乾燥地で、砂漠化や干ばつの影響を受け、土地の荒廃が深刻です。耕作や家畜の放牧は容易でなく、これまでの狩猟により野生生物も広く姿を消し、現地で暮らす方々は水や食料不足に苛まされています。村人は、荒廃する土地に緑や野生生物を取り戻すために、狩猟や樹木の伐採を禁じ、農耕や手工芸品製作により村人の生活と村を取り巻く環境の改善を目指し真摯に取り組んでいます。今回、パキスタン南東部のターパーカーという農村地域に赴き、手工芸品のデザインや機材を提供するなどして村人の製作技術の向上を支援したいと計画しています。

 

 

 

雨が少なく砂漠化や干ばつの影響を受けやすい乾燥地の農村地域では、自然と共生しながら食糧、水、収入を確保していくのは容易ではなく、このパキスタン南東部のターパーカーも例外ではありません。

 

 

私はこれまで、それぞれの地域社会を取り囲む自然の保護とそこに暮らす人々の生活の改善をどう進めていくことができるのか、そうした持続可能な暮らしを支えるにはどのような社会の仕組みが有効なのかをテーマに環境保全と持続可能な地域社会づくりを目指して活動をしてきました。パキスタンはそうした活動を行ってきた国の一つです。

 

私自身、これまで多くの国の乾燥地を訪問してきました。雨が少なく乾燥しているが故に乾燥地での人々の暮らしぶりは厳しくなるのですが、このターパーカーも例外ではありません。ターパーカーはインド西部からパキスタン東部につながるタール砂漠に接し、年間平均降水量が270mmで、6~9月の雨季以外は雨が降らないという厳しい自然環境にあります。幼い二人の少女が砂地を踏みしめ、懸命に縄を近く引っ張り、ようやく、壺一つを満たす水を汲みあげている姿に衝撃を受けました。ひたむきに頑張る村人たち、そして、村人を支援する現地のNPOの代表の姿を見て、自分に何かできないかと考えてきました。

 

 

今年の3月、パキスタン南東部にあるターパーカーという農村地域に手工芸品技術の伝達のために現地へ向かいます!

 

そこで、今回のプロジェクトでは、パキスタン南東部にあるターパーカーという農村地域で、野性生物の狩猟の手助けを全面的に禁止し、農耕と手工芸品の製作により生活を営もうとする村人たちに、現地で環境保全と持続可能な地域社会づくりを進めるNPOであるSCOPE(パキスタン環境保全保護協会)と連携して、地域の人たちに手工芸品の製作に必要な技術指導や機材の提供をするなどの支援を行おうと動き始めています。

村では、狩猟から野生動物の保護の方針を打ち出す一方、乾燥地であるが故に、農耕から得られる収入は不安定になりがちです。そこで、耕作や手工芸品製作を通じた持続可能な暮らしを確立させることができれば、収入を得て、野生動物の保護を進めながら、干ばつや水不足に苦しむ現状を改善していくことができると考えています。

 

 

手工芸品製作に必要なデザイン、製作技術指導やミシンや素材などの機材提供、販売してくれる民芸店などとの販路形成のための費用、現地への渡航費・滞在費を必要としていて、そうした費用を今回皆さまからご支援いただけないかと考えています。村人が製作する手工芸品は、現時点では都市部の人たちや観光客が利用できる仕様にはなっておらず、またわずかな数しか生産できない状況です。

多くの人が使いやすい手工芸品の製作指導を行うことで、収入増加とその安定を図り、狩猟補助へ立ち戻ることを防止ししつつ、暮らしぶりの改善を図っていきたいと思っています!

 

 

 

みんなが買いたくなるような仕様の手工芸品を作れるように!


これまで製作した手工芸品は都市部の人々や旅行者などには今一つ使い勝手が理解されずに、作っても売れず、収入が得られない状況でした。
縫製技術や素材などの面では将来的可能性が見込まれており、外部からの技術指導や販路形成支援などがあれば、村人たちの製作物が多くの人に利用され、それにより収入の増加・安定が期待でき、村の暮らし向きを改善することが見込めます。
収入が得にくい村の暮らしに見切りをつけ、多くの若者が軍隊勤務や都市労働を求めて村を離れている傾向に歯止めをかけ、多くの若者に村の活性化に関わってもらうことが可能になります。こうした取り組みを通じて、パキスタンの希少な野性生物の保護と持続可能な農村の自立を支援していきたいと考えています。皆さまの応援を宜しくお願いします。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 引換券について ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ご支援いただいた方にはお礼に下記のような商品をお送り致します。

(※写真はイメージです)

 

・サンクスメール

 

・ニュースレター

 

・現地で作られたペンケース

 

・ターパーカーの絵葉書5枚1組

 

 

・現地で作られたポーチ

 

 

・現地で作られたバック

 

 

 

 


最新の新着情報