既に21名の方々にご支援をいただき、心より感謝申し上げます!
READYFORで成功された“先輩”のご支援もいただけ、感激しております。
ぜひ、多くの方に取り組みを知っていただけるよう、広めていただけましたら
うれしいです!

 

<今回の開発したいシステムの概要は>
遠隔で音声を文字起こしして送信し表示するアプリ及びサービスです。

 

使っていきたい現場は、以下のような場面を主に考えています。

• 難聴の児童・生徒が在籍する教育機関
• 大学の難聴学生のサポート
• 企業団体の会議の文字化

 

 

長野サマライズ・センターの活動の中では、教育現場の支援が
大きな柱ですが、一方で、年を重ねることで、聞こえに不自由を
感じるようになられたシニアの皆さんが、活き活き、社会で活動
できるような支援にも活用されることを願っています。

<信濃毎日新聞2/8朝刊の 社説でも取り上げていただきました>

 『社会を動かす応援マネー』 クラウドファンディング


新着情報一覧へ