READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

コロナで面会困難。28匹の仔猫の治療・入院費の支援のお願い!

NPO法人  こねこサポーター

NPO法人 こねこサポーター

コロナで面会困難。28匹の仔猫の治療・入院費の支援のお願い!

支援総額

384,000

目標金額 200,000円

支援者
70人
募集終了日
2020年9月19日
プロジェクトは成立しました!
12人がお気に入りしています

終了報告を読む


12人がお気に入りしています

プロジェクト本文

    《プロジェクト達成のお礼とネクストゴールについて》

 

 沢山の方々のご支援により、早い段階での第一目標を達成する事ができました。拡散してくださった方々、前回もご支援して頂き、今回も同様にご支援してくださった方々、本当にありがとうございます。今回のチャレンジは2度目になりますが、金額が前回の2倍という事も有り不安でいっぱいでした。しかし、それを吹き飛ばすくらいの皆様からの沢山の温かいメッセージ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 

 第一目標が達成したことで、5月に保護した28匹の仔猫たちの検査費・治療費約28万円の支払いに充てる事ができます。しかし、保護活動はまだまだ継続しております。

 

6月には、2組7匹の仔猫の保護。また、5月に保護した28匹の母猫の避妊手術を実施しております。保護した7匹の仔猫は、心臓病の仔猫やシラミだらけの仔猫で、検査・治療費に加え長期入院などで約30万円との医療費がかかっているのが現状でございます。

7月には2組7匹の母猫の避妊手術の予定です。

 

今後とも継続し活動を続ける為、第二目標を50万円としてネクストチャレンジさせて頂きたく考えております。重ねてのご支援のお願いになりますが、引き続きの応援を宜しくお願い致します。

 

 

2020年7月7日追記

こねこサポーター 

角谷亜紀

 

 

 

▼自己紹介

 

 はじめまして!「こねこサポーター」の角谷亜紀と申します。

私は、石川県石川育ち、現在も石川県にて3人の子育てをしながら、高齢者施設に勤務しております。高齢者に関わる仕事のため、高齢者の昔ながらの飼育による自家繁殖からの多頭飼い、疾病による入院などによる飼育困難。保健センターに連れて行かれる猫の姿を確認する機会が多々ありました。

 

 そんな猫達の命が、1匹でも多くの救われるよう「こねこサポーター」として、自宅で保護ボランティア活動を開始しました。

 開始当初は10匹程度だった保護猫が、約7年が経過した昨年の保護頭数は54匹。今年は5月末の段階で保護頭数が28匹となり、昨年を上回る勢いで保護依頼が来ております。これからも沢山の仔猫を、新しい家族に繋げて行けるよう活動したいと思います。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 私は、自宅での保護活動であるため、外で育った野良猫、家で繁殖した猫、どの猫であっても自宅に連れて来る前には、ノミ・ダニ駆除、便や血液の検査など行います。

 正社員で働きながら保護活動のため、また、家族として迎えて頂く方々のためにも、保護猫達の健康状態等の確認し、自宅に受け入れる際には最低でも1泊2日の健康診断のための検査入院を行っております。以前は、初回の受診費用を負担してくれた方もいましたが、最近では対象者が高齢者で、私の所に相談に来るのは、担当ケアマネージャーである事が多く、初回の受診費用を負担して頂く事が困難な事例が多く続いております。

 

 今年は、5月に入り保護猫を受け入れて欲しいとの依頼が後を絶たず、その都度受け入れを行っておりました。

 私は、高齢者施設に勤めておりコロナウイルス感染予防のため、里親さんとの面会のために不特定の方々を自宅にお招きする事が困難な状況でした。そこで、動物病院の協力を頂き、病院での面会を行い新しい家族を見つける為の活動をさせて頂きました。病院の協力もあり面会場所を提供して頂いた結果、保護した仔猫28匹中、23匹の仔猫達が新しい家族として迎えて頂く事ができました。

 6月に入ってから、通常通りの保護活動を行い自宅での面会も行っております。今後も新型コロナウイルスの感染予防を行いながら、保護活動を行いたいと思っております。しかし、コロナウイルス感染が拡大し、再度、自宅での面会が困難になり、5月に発生した時と同様に、検査費や治療費に加え倍増した入院費が発生すると、今年度においての活動を継続することが困難かと感じております。

 今回、クラウドファンディングに応募し、今後の保護活動の継続のためにも、皆様の協力を頂きたいと思いチャレンジさせて頂きました。

 不慣れな点が多く、至らない点も多くあるかと思いますが、皆様のご意見やアドバイスを頂きながら、今後とも、この活動を継続していけたらと思っております。

ご支援の程、宜しくお願い致します。

 

▼プロジェクトの内容

 

 

 

 通常では検査・治療後に退院し、自宅で面会を行い仔猫の様子などを確認して頂き、家族として迎えるか検討して頂いておりました。しかし今回、新型コロナウイルスの影響で自宅での面会が困難になり、動物病院での面会を試みた結果、検査・治療費に加え入院費が倍増。しかたのない事だと割り切って活動しておりますが、第2波・第3三波とコロナウイルスが再度押し寄せて来た時に、同様の対応をする事は困難かと考えております。

 今後とも、この活動を継続して行きたいとの思いより、皆様のご支援を受けられたら思い、このプロジェクトの応募に至りました。

 

 《28匹の仔猫の検査・治療・入院の費用》

 

   ◎5/7の保護猫(4匹)

     ・検査費:1410円×4匹分=5640円(便検査・駆虫薬)

          3300円×4匹分=13200円(エイズ・白血病検査)

          1240円×4匹分=4960円(ノミ・ダニ駆除)

     ・入院費:4400円×3日分=13200円

   ◎5/16の保護猫(4匹)

     ・検査費:1410円×4匹分=5640円(便検査・駆虫薬)

          3300円×4匹分=13200円(エイズ・白血病検査)

          1240円×4匹分=4960円(ノミ・ダニ駆除)

     ・入院費:4400円×8日分=35200円

   ◎5/20の保護猫(2匹)

     ・検査費:1410円×2匹分=2820円(便検査・駆虫薬)

          3300円×2匹分=6600円(エイズ・白血病検査)

          1240円×4匹分=2480円(ノミ・ダニ駆除)

     ・入院費:4400円×3日分=13200円

   ◎5/23の保護猫(4匹)

     ・検査費:1410円×4匹分=5640円(便検査・駆虫薬)

          3300円×4匹分=13200円(エイズ・白血病検査)

          1240円×4匹分=4960円(ノミ・ダニ駆除)

     ・入院費:4400円×5日分=22000円

   ◎5/26の保護猫(4匹)

     ・検査費:310円×4匹分=1240円(便検査)

          310円×4匹分=1240円(便検査)

          3300円×4匹分=13200円(エイズ・白血病検査)

          1240円×4匹分=4960円(ノミ・ダニ駆除)

     ・入院費:4400円×3日分=13200円

   ◎5/28の保護猫(4匹)

     ・検査費:1410円×4匹分=5640円(便検査・駆虫薬)

          3300円×4匹分=13200円(エイズ・白血病検査)

          1240円×4匹分=4960円(ノミ・ダニ駆除)

     ・入院費:4400円×5日分=22000円

     ・食事代:1050円×2袋=2100円

     ・猫砂代:437円×4袋=1748円

    

   ◎5/30の保護猫(6匹)

     ・検査費:1410円×6匹分=5640円(便検査・駆虫薬)

          3300円×6匹分=13200円(エイズ・白血病検査)

          1240円×6匹分=4960円(ノミ・ダニ駆除)

     ・入院費:4400円×1日分=4400円

     ・食事代:1050円×2袋=2100円

     ・猫砂代:437円×5袋=2185円

 

 ・プロジェクトの終了要項

 

  治療費・手術対象:保護猫の仔猫28匹。

 

  治療・手術内容:入院費(22匹分)、便検査(28匹分)、エイズ・白血病検査(28匹分)、

  猫風邪による目脂の治療(14匹分)、便検査の結果より、回虫・コクシジュウム駆除(24匹分)

 

  治療・手術完了予定日:2020年6月7日

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 今後も、保護活動を継続していくのは勿論、今回の新型コロナウイルス感染拡大により、自宅以外に保護する場所があれば、どんなに良いかを実感させられました。また、高齢者施設に勤務していることから、やはり飼い主さんに何かあったとしても、猫達を安心して迎えられる環境があると良いと感じました。

 私自身、子育ても残すところ後4年。今後の新たな目標として、保護猫・飼い猫ともに受け入れられる施設が、開設できるよう取り組んで行きたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

プロフィール

NPO法人  こねこサポーター

NPO法人 こねこサポーター

高齢者施設で仕事をしながら、仔猫の保護活動をしております。 2021年2月にNPO法人として活動する為の申請を行いました。 仕事をしながらの保護活動ですので、連絡を頂いても直ぐに対応できない事も多々ありますが、心強い仲間たちと1匹でも多くの猫達が幸せになれるように取り組んで行きたいと思っております。 何もかもが、1からスタートした新しい団体になります。それでも、目の前にある命と向き合い、何が出来るかを考えながら、これからも精一杯、務めさせて頂きたいと思っております。 こんな「こねこサポーター」ですが、宜しくお願い致します。

リターン

3,000

仔猫達の幸せのために(リターン不要)

仔猫達の幸せのために(リターン不要)

感謝の気持ちを込めて、お礼のメールを送らせて頂きます(^^)

支援者
43人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年12月

5,000

仔猫達の幸せのために(リターン:フェイスタオル)

仔猫達の幸せのために(リターン:フェイスタオル)

オリジナルデザインのフェイスタオルと、お礼のお手紙を送らせて頂きます

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年12月

10,000

仔猫達の幸せのために(リターン:28匹の仔猫の写真集とフェイスタオル)

仔猫達の幸せのために(リターン:28匹の仔猫の写真集とフェイスタオル)

28匹の仔猫の紙ベースの写真集、オリジナルデザインのフェイスタオルと一緒に、お礼のお手紙を送らせて頂きます

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年12月

プロフィール

高齢者施設で仕事をしながら、仔猫の保護活動をしております。 2021年2月にNPO法人として活動する為の申請を行いました。 仕事をしながらの保護活動ですので、連絡を頂いても直ぐに対応できない事も多々ありますが、心強い仲間たちと1匹でも多くの猫達が幸せになれるように取り組んで行きたいと思っております。 何もかもが、1からスタートした新しい団体になります。それでも、目の前にある命と向き合い、何が出来るかを考えながら、これからも精一杯、務めさせて頂きたいと思っております。 こんな「こねこサポーター」ですが、宜しくお願い致します。

あなたにおすすめのプロジェクト

感染症に特化した薬局を作りたい

瀧藤重道瀧藤重道

#医療・福祉

71%
現在
2,135,000円
支援者
101人
残り
11日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする