プロジェクト終了報告

2019年02月06日

感謝とご報告

 先月、「写真撮影システム付き望遠鏡」一式の購入が完了しました。改めて、皆さまのからご支援に心より感謝申し上げます。

 

 新しい望遠鏡は、天体の細かい部分もわかりやすく、また、明るい空の下では、肉眼で見えない天体を映し出すことができました。見えなかったものがモニター画面の中に見えてきた時の驚きや、共に1つの天体を見ることにより、会話も弾み、天体への興味をさらに深めることができました。

 見た天体を「写真に持って帰りたい」という声から始まったプロジェクトですが、この望遠鏡の活用により、想像以上に観望会の楽しみの幅が広がっていくのを感じました。

 

 通常観望会への新しい望遠鏡投入は3月から予定しております。はやくこの感動を皆様と一緒に分かち合いたいと、システムの操作を習得すべく、職員は、ただいま奮闘中でございます。どうぞ楽しみにお待ちください。

 

 また、ご支援者の方への返礼として、観望天体リクエストがございます。共に、どんな天体を見ることができるのか楽しみにお待ちしております。観望会後のご報告もプラネタリウム館ホームページやこちらの新着情報へアップする予定です。

 今後とも末永く、応援、お付き合いの程よろしくお願い致します。

 

 天体観望会日程 39日(土)1830分~1945

4月以降の観望会日程はプラネタリウム館ホームページよりご確認ください。

 http://www.center.shiroi.chiba.jp/planet/ 

 

 

Celestron Advanced VX赤道儀、 タカハシFSQ-85EDP鏡筒、 

QHY5-III-174C 1/2インチCMOSカメラ、EOSKiss X8iダブルズームキット、

ステラショット、ステライメージ8