プロジェクト概要

宮城県の就労継続支援B型事業所で活動する「多夢多夢舎」のメンバーが描く絵で今年8月美術展を開催します!

 

NPO法人多夢多夢舎中山工房の坂部と申します。「多夢多夢舎」は宮城県仙台市にある福祉施設です。メンバー一人ひとりが、個人の魅力を生かして描く絵。その、いきづかい、いろづかい、ふでづかい…。その人の個性が現れています。そしてこの度、絵に描かれたメンバーの「呼吸」を感じさせる絵を飾った美術展を行いたいと思っています。

 

より良い美術展を実施するために、皆さまのお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

美術展開催のきっかけは今から5年前に始めた「放課後活動」に遡ります

 

 

(2014年 高知「素展」にて展示)

 

 

多夢多夢舎で、放課活動として「美術のじかん」を始めたのが5年前。もちろん絵について学んだことないメンバーばかりでした。それ故に最初は、どんな画材を使えばいいか、どんな色を使って、キャンバスのどの部分から描き始めれば良いか分かりませんでした。

 

そんなメンバーが、放課後活動を通じて少しずつ、自分のイメージを表現できるように試行錯誤を重ねてきました。その中で生まれたのは、「自らが生きること」と密接につながるような、その人の魅力がそのまま画面に現れたような作品。この作品群を、もっとたくさんの人に知ってもらいたい。そんな思いで、美術展を開催します。

 

 

(2015年 「Art To You-東北障がい者芸術公募展」に入選)

 

今回のプロジェクトで集める5万円は、作品群を、最高の形で展示するための額装費になります。少額ではありますが、私たちは彼らの絵に秘められた想いやイメージ、しばし見られる繊細さ。そうしたメンバー個々人の豊かな個性を多くの方に伝えたいと考えてこのプロジェクトを立ち上げました。

 

このプロジェクトが実現すれば、展示に出展するメンバーだけでなく、その絵を見に来てくださる方、買って下さる方、応援してくださる方…。たくさんの人がつながるきっかけになると考えています。どうかプロジェクトを達成させるために、多くの方々に彼らの"絵"について知っていただくために、ご支援・ご協力のほど、どうぞよろしくお願いします!
 

 

◆◇◆◇ 展示について ◆◇◆◇

 

▶美術展名:「kokyu」展

・日時:8/20〜8/25 11:00〜19:00(最終日は17:00)

・場所:南町通りオープンギャラリーくろすろーど

・宮城県仙台市一番町1−4−26

ホームページ:http://tamutamu.jp/kokyu.html

※美術展は入場無料です。お気軽にお越しください。

 

 

 

◆◇◆◇ 作家紹介 ◆◇◆◇

 

▶片寄大介(KATAYOSE Daisuke)

1983年生まれ 仙台市在住 / 2002年 多夢多夢舎所属

 

一度創作のスイッチが入ると手が止まらない、研究熱心なアーティスト。線だけの表現である「dot-line」シリーズでは、毎日毎日、延々と線だけを引き続けた。製品のデザイン以外でも研究魂は活かされており、どんな材料も一度は手に取り、創作に取り入れようとする。現在は、キャンバスにマチエール材を使用したアクリル画に取り組んでいる。サンドマチエールやストーンマチエールがお気に入り。墨が大好きで、平面作品にも立体作品にも取り入れようとする様は、墨への愛すら感じる。

 

2014年「Art To You-東北障がい者芸術公募展」チラシデザインに採用
2014年 高知「素展」にて展示
2015年 仙台「SOUP」展、山元町「やまのもとのアート展」にて展示
2015年「Art To You-東北障がい者芸術公募展」に入選

 

▶片平俊夫(KATAHIRA Toshio)

1989年生まれ 仙台市在住 / 2008年 多夢多夢舎所属

 

色を「重ねる」ことに特化した彼の作品は、表面に見える色だけでなく、その奥に隠れている「色の厚み」を感じさせる。視覚的にも触覚的にも実際に重みがある。絵の具や筆の感触を楽しむ
ところから始まった創作。寡黙な彼が選ぶ色は、情熱を感じる赤やオレンジ、深い想いが隠れていそうな紫、緑など。創作意欲を刺激されると、興奮の証か、立ち上がってズボンを引き上げやる気を体現する。

 

2014年 高知「素展」にて展示

 

▶石川博基(ISHIKAWA Hiroki)

1984年生まれ 仙台市在住 / 2002年 多夢多夢舎所属

 

他のどんな素材にも興味を示さない彼が、唯一絵を描くのが新聞紙。テレビ番組の欄や、ラジオ番組の欄、株式欄がお気に入り。文字の整然とした羅列を模様として捉えているのか、文字の意味を作品のヒントとして使用しているのか、沢山の色味と空白を上手く配置した作品は、そのどちらも感じさせる。どんな曲にも1/16拍の正確さで手拍子を刻んでいく特技があり、類まれなるリズム感が筆遣いにも表れている。

 

2015年 「Art To You-東北障がい者芸術公募展」に入選

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇ 引換券について ◆◇◆◇◆◇◆◇

ご支援いただいた方にはお礼に下記の引換券をお送りします。

 

・サンクスメール

 

・オリジナルポストカード

 

・美術展に出す原画のレプリカ

ジークレー印刷、ナンバーと作家本人のサイン入りです。