パキスタン近辺、バングラデシュからアッスラムアライクーム!
 

その後の報告です!


パキスタンにはこのあいだ(6月後半)、カラチ空港で止められて行けなくなってしまったのですが、パキスタンにがんばって行こうとしたので、そのおかげでとっても良い人たちと仲良くなれました。厳しさの中に深い愛がある人たちと出逢えました。本当に、強さの中にある愛を感じます。


また、その背景に、バングラデシュで裏切りというかなんというか、パキスタンの活動とは別に、とてもひどーいことも起こったので、それに関しては、とても残念です。後処理に追われました。右左はっきりした行動をすると、やっぱり結果が白黒はっきりしてきます。やっぱりちゃんときっぱりと決断を日々していくのは大事みたいです。それについては、わたしが人間関係でなあなあになっていて、いいことを言うけど実態があやうい人たちとつき合っていたからやられちゃった出来事なので、反省して、今後は一直線でがんばります。


飛行機でダッカからカラチまで行って、戻って来てしまったことで、パキスタン航空の方がとってもよくしてくださって、カラチのファッションの仕事している レディー達を紹介していただいたりとか、今後のパキスタンで展開したいビジネスの助言とかをいただいています。また、カラチのファッションビジネスレディーともプライベートでも、仕事でもつながっていけそうです。


わたしは、パキスタン現地の活動専門で活動をしていきます。今後、斬新な教育カリキュラムを学校に導入していきます。また、彼女たちが職業技術を身につけられ、業界でお客さんに満足していただけるものやサービスを提供できるように、形にしていきます。


まだパキスタンに直接乗り込めない理由があるので、しばらくはバングラデシュを拠点にして、3ヶ月に1回はパキスタンに行って、NGOの活動をしたいと思います。


わたしは、バングラデシュに現在いますが、日本などと環境の違う場所で活動をする厳しさを学んでいます。厳しい中で、本当に理想を語るだけじゃなくて、現実にやりとげる強さを身につけることが大事と実感しています。なので、しばらく、バングラデシュとパキスタンで修行をします。よく、「じゅんちゃん甘い!」と言って、いろんな経験されている人たちに叱られながら、身につけています。

 

ところで、来る8月末、バングラデシュでパキスタンでビザがとれなかったため、
わたしは一時帰国をします。それに伴い、ReadyForにて募金してくださった方などと一緒に、パキスタン学校運営活動報告会をわたし主宰で行いたいと思います!
詳しくは後ほどまた報告いたします。

 

ReadyForにていただいた募金は、パキスタン学校復活の後のミシン導入や、マットレス導入、事務局に必要なプリンターなどの機械導入などに使わせていただきますね。

 

 

では、クダハフィズ!See you again!

新着情報一覧へ